2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 年に一度の「穣りの宴」! | トップページ | 日本酒をロックで♪ »

「いづみ橋」勉強会!

Img_2406昨夜は、上杉の池田酒店さんの主催で、神奈川県の「泉橋酒造」さんから蔵元さんがいらしての勉強会。こちらのポリシーは「酒造りは米作りから」だそうで、酒米を自社の田んぼで作り、米を自社で磨き酒を造る。さらに冬期湛水(冬みずたんぼ)、不耕起栽培を実践して限りなく無農薬に近い形での米栽培へのこだわり。赤とんぼのラベルは、そのシンボルなのだそうです。

そしてなんとこの蔵は、全量純米造りです。つまり造る酒はすべて純米。ちなみに純米王国であるわが宮城県でもそういう蔵は勝山さんだけです。

自社で米を作るということは、たんぱく質の少ない、とことん酒造りに適した米を作れる。イコール、米を信用して必要以上に削らずにいい酒が造れるということ

という蔵元さんのお話に、なるほど、と思いました。

でも全量純米を実現するまでは、やはりずいぶんご苦労があったようです。昔からのお客様で本醸造や普通酒がお好きな方もたくさんいらしたでしょうからね…。宮城県の蔵元さんからも「地元の方から要望が多いので造らないわけには…」と、いう話を伺ったことが何度かあります。私自身は、本醸造もおいしいと思うお酒があるので、必ずしも全量純米がベストとは思っていませんが、それでもその信念を貫く努力、ご苦労には胸を打たれました。

Img_24071時間ほどお話を聞いたあとでいよいよお酒とお料理!きょうは燗酒でいづみ橋を飲むという趣向で大きな鍋で豪快に燗をつけました。

酒のラインナップは

・純米大吟醸
・恵 青ラベル純米吟醸
・恵 赤ラベル純米吟醸
・恵 海老名耕地
・特別純米酒
・純米梅酒 山田十郎

お料理もいろいろ燗酒との相性を試してみてほしい、という趣向に合わせ、さまざまな素材を使って、味付けにも一工夫がされたものがたくさん!

塩釜ひがしもののマグロ赤身や、イカの肝のルイベ、
Img_2408

ブルーチーズソースがかかった焼牡蠣
Img_2410




生ハムとブルーチーズ、地鶏の白レバーペースト
Img_2412

等々、和洋にこだわらないごちそうづくし!

肝心のお酒ですが、全体的にいづみ橋さんのお酒は甘さがほとんど感じられない、いわゆる「辛口」。燗にすごく向いてます。冷やだと、愛想がないくらいさっぱりしてるんですが40℃くらいに温めると、ほわん、と旨みが立ち上がってきて、それに促されるように唾液がじわっと出て…。で、後がスイッときれて、また肴に手が伸びる。。。そんな感じでした。

宮城県のお酒は、少しは覚えたつもりだけど、県外になると、まだまだ知らないことばかりだなあ。特に個別の蔵元さんの信念、考え方、姿勢について知る機会は少ないのでとても貴重な経験となった会でした。   

« 年に一度の「穣りの宴」! | トップページ | 日本酒をロックで♪ »

酒の会(宮城県外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/43311546

この記事へのトラックバック一覧です: 「いづみ橋」勉強会!:

« 年に一度の「穣りの宴」! | トップページ | 日本酒をロックで♪ »

最近のトラックバック