2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 蔵見学「大沼酒造店」 | トップページ | プシューーー… »

熟成香とさわやかさと。

蔵見学が続くので、ちょっと一服。

「萩の鶴 純米生原酒 19BY ひとめぼれ 精米歩合60%」

090307_193901_2

実は昨秋に購入したのですが、 飲む機会を逃し
冷蔵庫でずっと眠らせていたもの。coldsweats01
最近、新酒ばかり飲んでいたこともあり
ある程度の熟成香と味は覚悟して、開封しました。

最初に口にしたときに感じたのが
生山葵をおろしたのを食べたときみたいな、甘さ!
生の山葵って、辛いってより、甘いじゃないスか?
あんな感じの甘さです。
たぶん原酒ならではのアルコール度数と
あいまっての感覚なんだろうけど、
でも、驚きでした!

やっぱり少し熟成香と味はあります。
でも全然「老ね(ひね)」感じゃない!
甘さに、ベタベタ感がないだけでなくて、
後味が果物っぽい。 重苦しさがない。
熟成感はあるのに、さわやかって…
うーん、なんでなんだろ?!
どんどん、後をひく酒です。
いや、うまい。 うまいです。

« 蔵見学「大沼酒造店」 | トップページ | プシューーー… »

飲んだ酒」カテゴリの記事

コメント

冷蔵庫で眠らせていた!?
眠っていたじゃなくて、眠らせていたというところが、違いますね。
私など・・・待てませんもの。

Myuさん

こんにちは!

いやいや(汗)、眠らせて「しまって」いたものです。新酒とか先に飲まなきゃーと思って…。でも、やっと飲みました。おいしいです~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/44272739

この記事へのトラックバック一覧です: 熟成香とさわやかさと。:

« 蔵見学「大沼酒造店」 | トップページ | プシューーー… »

最近のトラックバック