2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

三人の酒屋の遊盃の会へ!

9月27日(日)は楽しみheart01にしていたお酒の会…

「三人の酒屋の遊盃の会」へ!

この会、仙台市内の3つの酒屋さん(阿部酒店さん、熊谷酒店さん、八重樫酒店さん)が合同で主催する会。「合同で開けば呼べる蔵元の数も増やせるし、大きな会場でたくさんのお客様に楽しんでもらえる」ということで始まり、今回で11回目を迎えたとのことです。

2009_019_2

15時30分からきき酒できるよ~と
阿部さんから伺っていたので
ぴったりその時間に行ってみると…(w
会場に入ってすぐのところに
紙で目隠しされた酒瓶がずらり!
今回参加の蔵元さんから1種類ずつ出品しての
「お気に入り投票」です。おもしろーーーい!happy01
さっそくやってみました。

ブラインドだと先入観ゼロなので
自分の舌が頼りですね(頼りないけど…)。
だんだん麻痺してくる…。
こ、このままでは各蔵のとっておきのお酒を飲む前に酔っ払ってしまう~!
でもなんとか3つを選び席へ。

実はワタクシ、6年前河北ウイークリーの特集で
この会を取材をさせていただいたことが。
当時の記事で阿部さんがこう話してます。

「お客さんが蔵元からじかに酒の話を聞く機会も、逆に蔵元が飲んだ人の生の声を聞く機会も、意外と少ない。間に立つ商売として、こういう場を作って興味を持ってもらうことは大切だと思う」

「着席形式でじっくり腰を落ち着けて酒と話を楽しんでほしい」

そうなんですよね~!
着席でおいしい食事もいただけるって
やっぱりうれしいnote

と、言いつつ。。。
我々のテーブルの面々、蔵のブースに酒をいただきに行ったっきりおしゃべりに忙しくて、戻ってきやしませんcoldsweats01 たまーに戻ってきてはバクバクと溜まったお料理を平らげ、またふらーっと蔵元ブースへ。なにしろ、「勝山館」のお料理ですからもちろん美味しいに決まってる~heart04いやー、よく食べ、呑みました!

2009_007 2009_008

山和酒造店からは千葉さん。ワシガクニひやおろしの新しいラベル、素敵でした。

2009_009

この日、メジャーで初退場になったイチロー選手にかけて自己紹介をした大沼酒造の久我さん 。

2009_011_2

金賞をとった大吟醸斗瓶取り(これ旨かった~!)を手に、萩野酒造の曜平さん。

2009_010

先日日高見の会でお会いしたばかりの平孝酒造の小鹿さん、奥原さん。

いい笑顔だー(笑)。

2009_015

こちらもさわやかスマイルの寒梅酒造、健哉さん、真奈さんご夫妻。

宮寒梅がお気に入り投票ベスト3に入って、おめでとうございました!

2009_013_2

新澤醸造店の杉原さんと、伊藤さん(伊藤さん、目をつぶっちゃってた、ごめんなさい!)雨乞の柚子酒、おいしかったです!

会の途中では純米酒バーの話もしていただき(感謝・weep)、
いよいよお気に入り投票の結果発表。
私は萩の鶴、宮寒梅、そして山形の「東の麓」
選んでいました。萩の鶴と宮寒梅をブラインドで選んだとはアッパレ!>自分

出品酒のプレゼント抽選会も大盛り上がりshine

2009_022
最後は全員で締めの行事・日本酒愛を叫んでお開きになりました。楽しかったーーー!

大人数の会なのに、酒屋さんと蔵と飲み手の距離がすごく縮まったことを感じる、あたたかい会でした。阿部さん、熊谷さん、八重樫さん、3人の酒屋さんたちの「参加するお客さんたちを楽しませよう」って心意気がびしばしと伝わってきて、それに乗っかって、どっぷり楽しませていただいちゃいましたよhappy02 蔵元さんたちもすごくリラックスしてた気がします。

準備も当日の段取りも、さぞたいへんだろうなーと思いますが、ぜひぜひ来年も、その先も続けていただけると、我々飲兵衛はとーーっても!うれしいです。

3つの酒屋の皆さま、23蔵の蔵元さん、どうもありがとうございました!

魚で飲るなら日高見だっちゃ!

いや~、秋はちょっと気を抜くと
ネタがたまってしまいますわcoldsweats01

純米酒バーと前後しますが
9月9日(水)、重陽の節句に合わせて
「おはな」さんで開催された

「第7回 蔵元を囲む会 

魚で飲るなら日高見だっちゃ」

行ってきました!

ゲストは平孝酒造のこの3人。

まず、蔵人の小鹿泰弘さんと、奥原秀樹さん。009
先日、阿部酒店さんの会でもお会いしたお2人。小鹿さんの担当した31号タンクは、今年の私のベスト5に入るおいしさでした。

ちなみに小鹿さんは新婚さんheart01で、奥原さんは酒造りに理解ある彼女募集中flairだそうです。
(当日おはなさんより配られたパンフ情報…)。
どうですか、そこのお嬢さん!

006 そしてもちろんこのお方も。ごく一部からひそかに宮城のジョージ・クルーニーと呼ばれている宮城酒造界の筆頭男前・平井孝浩社長!

何を隠そう(隠してないけど)15年以上前から平井社長ファンの私。

眼福眼福…。

この日のお酒は

・ひやおろし 特別純米
・天竺 山田穂 純米吟醸
・天竺 短棹渡舟 純米吟醸
・二十四号タンク 純米吟醸
・三十号タンク 純米吟醸
・プラス8  純米辛口001

特約店会でしか買えない日高見ばかり…。
四合瓶売りがほとんどないので
私は買って飲む機会が少ないのです。
それをいっぺんに味わえる幸せ

そして「はくさん」の星さんと「おはな」の佐々木店長が庄内のイタリアン「アル・ケッチァーノ」まで行って研究してきたというお料理も豪華でした!

003

○前菜 七が浜産穴子と秋茄子のゼリー、自家製リコッタチーズ焼き胡桃添え、桃生ポークのリエット
○刺身盛合せ 平目、黒ソイ、鰹、ブドウ海老、勘八
○あいなめの二色蒸し
○縄文地鶏と秋野菜の仙台味噌焼き
○帆立と無花果のグラタン
○珍味 秋刀魚の塩辛 べっこうしじみの日高見酒粕漬け
○秋鯖の棒鮨し
○松茸汁
○日高見シャーベット、バニラアイス

塩、しょう油は石巻産、桃生ポークやべっこうしじみも石巻産。

各テーブルに平井社長や蔵人のお2人が回ってきていろいろお話を伺うことができました。平井社長、二枚目な見た目とは裏腹に中身は三枚目のお茶目さん(失礼!)。小鹿さん、奥原さんとのやりとりも社長と社員というより、アニキと後輩的な自由闊達な雰囲気でした。この雰囲気が社長のユニークな発想を形にして、のびのびとした独自の商品展開ができるんだろうなー…なんて勝手な感想。

「はくさん」さん、「おはな」の皆さん、
お世話になりました!
ありがとうございました

※この後「遊盃の会」蔵見学「内ケ埼酒造店」とアップ予定です!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

最近のトラックバック