2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 宮城の酒のお祭り!「穣りの宴」 | トップページ | 「神亀」×「じねんぼう」 »

「杜の蔵」×「真海菜食しん」

11月6日(金)、上杉の池田酒店さん主催
「杜の蔵 料理と燗酒のマリアージュ」へ行ってまいりました。
6月に続いて、杜の蔵さんの会は2回目。
またまた溝口さんとお会いできました!

20091106_005

会場は葉山町の「真・海・菜・食 しん」さんです。

20091106_019
地下鉄北仙台駅から徒歩約5分。
素材の良さを引き出した和の料理と、日本酒の相性をじっくりと楽しめるお店。
暖簾の横には地産地消を提唱する緑提灯が下がっています。

お店に入ってまずきき酒が準備されてました。

20091106_001
1のお酒を常温で飲んで、次に燗をつけたABCの3種類を飲み
どれが常温で飲んだ1と同じか当てる、というもの。
うーむ。。。温度が違うと難しい。
かなり迷いました…。
(でも、後ほど答え合わせをしたら当たってた! 
やったー!)

杜の蔵は、福岡県筑後地方の蔵元さん。
今年6月の会の模様はこちら。
http://sendaiyokocyo.cocolog-nifty.com/sakenihon/2009/07/post-70bb.html
無農薬栽培・自家精米・全量純米酒造りの蔵元です。

お酒のラインナップは

・大手門純吟ひやおろし
・独楽蔵2年目のひやおろし
・独楽蔵・豊熟純米大吟醸「醇・2006」
・独楽蔵・円熟純米吟醸「玄」2004
・須々許里(すすこり)純米古酒
・独楽蔵「悠五年」純米古酒
・吟香露(ぎんこうろ)

これを「しん」の店主・根本さん懇親のお料理と合わせて、
ひたすら飲む!食べる!のマリアージュを楽しむ会。

最初に「大手門純吟ひやおろし」と合わせたのは

20091106_002

20091106_007

「岩出山トマトと蔵王大根のおでん」

おいしそうでしょ!

あっさりした出汁の中に出たトマトと大根のやさしい旨み。
そこにひやおろしを流し込むと口の中でさらりと馴染む~。

20091106_009

「ねっとり里芋煮っころがし、秋茄子のオランダ煮、赤葱の焼き浸し」

これには「独楽蔵2年目の秋ひやおろし」を。

20091106_008
ひやおろしって、通常はひと夏越したものですが、
これは、ふた夏越した19BYもの。より熟成感があります。
こってりしたしょう油と油の味つけが、
燗をつけてまろやかさが増したお酒とぴったりでした。

20091106_010_2

お造りの「金華さば〆と生めかじき」
こちらに合わせたのは「独楽蔵・豊熟純米大吟醸 醇2006」。
かすかに、カマンベールチーズのような独特なクセを感じました。
これが生めかじきのとろっとした脂とすごく合う!
〆さばとは今ひとつでしたが、
「合わないと思います。でも合わないことを経験していただくのも面白いかと思って
という溝口さんの言葉に納得。

20091106_011

さらに待ってましたの「秋刀魚黄金煮」!
これ、骨まで全部食べられるんですよ。ハラワタも入ってそのほろ苦さも絶妙。
お酒は「独楽蔵・円熟純米吟醸 玄 2004」。
マイルドな熟成感が、甘辛く煮た秋刀魚の味をばっちり引き立てます。

その後は古酒2連発!
須々許里 純米古酒」は隧道というトンネルのような場所(年間温度16℃)で
5年以上寝かせた熟成酒。
独楽蔵 悠 5年」は、もう少し気温の高い蔵の屋根裏部屋で
これも5年以上寝かせたとろっと黄金色の熟成酒。
どちらも古酒ならではの熟成香と味わいです。
それがお燗でいちだんと膨らむ…たまりませんね~。。。

その後のお料理は

20091106_012
「殻付真がき、三陸ムール貝」

20091106_013
「とうふ入りひと口さつまあげみぞれポン酢がけ 
ぼっけの卵のしょうゆ漬を添えて」
「おでん出汁でせり雑炊」


こんなに! いいんですか! っていうくらい
続々と。
いやーー、旨かったっす!

締めに甘味の「氷結完熟柿 無花果旨煮 山ぶどう羹」をいただきながら
吟香露」っていう吟醸酒粕が原料の香りの良い焼酎をストレートでちびちび。

20091106_017_2
20091106_014

もうすっかりいい気分でした。。。

県外のお酒で、ひとつの蔵に限定して
これだけのラインナップを
しかも料理を合わせて味わう機会って、
めったにないです。
大事ですよね、こういう経験。

それから、仕込み水がまたおいしかった。
なんとなくとろみがあるような、柔らかいいい水。
途中で少し酔いがまわってきたので
酒に仕込み水を垂らして飲んでたんですが
酒がとってもまろやかに甘くなりました。

味わいも使う米も水も、そして考え方も宮城とは違う蔵。
お酒って本当に面白い。
今回もどっぷりと堪能いたしました。

お世話になった杜の蔵の溝口さん、「しん」の根本さん、池田酒店さん
どうもありがとうございました!

« 宮城の酒のお祭り!「穣りの宴」 | トップページ | 「神亀」×「じねんぼう」 »

酒の会(宮城県外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/46734997

この記事へのトラックバック一覧です: 「杜の蔵」×「真海菜食しん」:

« 宮城の酒のお祭り!「穣りの宴」 | トップページ | 「神亀」×「じねんぼう」 »

最近のトラックバック