2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

阿部酒店 お酒を楽しむ会 その2

「その1」からの続きです。

阿部さんの会では、
ちょっと普通には飲めない飲み方ができます。secret

23種類もあるので、
出たお酒を全部書くのはやめときますがsweat01

たとえば。
震災後に造られた
「あたごのまつ 純米吟醸 おりがらみ生」
「伯楽星純米吟醸 おりがらみ生」

酵母違いの飲み比べ、

「伯楽星純米吟醸」
震災前、震災後の飲み比べ、

「宮寒梅 純米大吟醸 ひより袋取り」
「乾坤一 純米大吟醸 中取雄町」

それぞれ21BY22BYの飲み比べ、

「山和 特別純米中取原酒」と
「山和 特別純米」

アルコール度調整加水前と後の飲み比べ等々…。

その場での飲み比べだけじゃなくて
阿部酒店冷蔵庫にて寝かせられていた
一年前~数年前のお酒shineが出てきたりもします。coldsweats02

私、会に参加し始めたころは
エーッ、なんなんだろう、これは? coldsweats02
物珍しさに目がくるくるeyeしてしまって
ただもう手当たり次第に飲んでたんですが
最近になってやっと、少しは意識しながら
飲むことができるようになりました。wink
あの時に飲んだお酒が1年経ってこうなったのか、とか
あれとこれの違いはこういうことだったのか…とか。

蔵元さんたちも真剣にきき酒をして
お互いに意見を交わし合っている姿を
この会では良く見かけます。think
一般販売しているお酒は、県酒造組合のきき酒会
比べることもできますが、
特約店販売などのお酒となると
これだけの種類を一度にきき酒するのは
蔵元さんでもそれほど機会はない、と思います。sweat01

阿部さんはこうしたお酒を会で出す理由を
お酒に対して繊細な舌を持った人を増やしたいから、
というようなことを話されていました。
(酔っててうろ覚えなので違ってたらごめんなさい)。
実際、阿部酒店虎の穴(笑)で日本酒の舌を磨かれて
全国に散らばっていった学生さんたちも少なくないはず。

もちろん何にも考えずに、気の合う友達やなんかと
わいわい飲むのは楽しいhappy01ですが
自分の好みを自分ではっきり把握してて、
飲んだ酒に対してしっかり意見が言える飲兵衛が増えれば
蔵元さんでは酒造りにより力が入るでしょう。confident

こういう酒屋さんの地道な努力が
宮城県産酒の酒質向上の一端を担っている…と
そんなことを感じた今回の酒の会でした。
私も良い飲兵衛を目指さねば!smile

(今回、酒の写真を全然撮ってなくて
唯一撮っていたのがこの1枚ですcoldsweats01
2011_004

毎度のことながら、とても濃い時間を過ごすことができました。

阿部さん、蔵元さん、同席の皆様、
たいへんお世話になりました。
ありがとうございました!

阿部酒店 お酒を楽しむ会 その1

今年も行ってきました! 
阿部酒店さん夏の酒の会。

震災の影響で今年は夏の会はナシになるんじゃないか…down
と、内心では心配しておりましたが、
地震になんて負けてらんねっちゃ! と開催♪
さすが阿部さん!happy02
2011_001_2
今年は「第45回 お酒を楽しむ会」
“蔵のみんなと力合わせて…!!”という
力強いサブタイトルがついてて
ここにも阿部さんの思いが感じられました。shine

蔵元さん方、たくさんいらしてました。
震災以来初めてお会いする方も数人いらして
お元気なお顔を見られてうれしかったですnote
2011_005 2011_006_2 2011_007

この会で私がいつもいいなあと思うのは
普段着の蔵元さんが参加者と同じお酒とお料理を
いっしょに飲んだり食べたりしながら、
ざっくばらんにお酒の話や蔵の話ができる、ってとこです。goodwink

2011_008 2011_009 2011_011

今回は、震災後ということで、
蔵元さんたちからは蔵の被災状況のお話が多かったです。
どのお話を聞いても、みんな力強く前向きな言葉。
でも。ここまで来るのにきっとそれぞれの蔵元さんが
壮絶な苦悩がおありだっただろう…と思いました。

2011_012 2011_013 2011_014

酒蔵を続けるか否かの岐路に立たされた蔵元さんも
県内に数軒あったと聞きます。
でも、一軒の蔵元が酒造りをやめたら
その蔵の御家族や社員の方々にはもちろん、
米を作る農家にも大きな影響がある。
そのほかにもきっと付随することは数多ある。
とにかく、実質的なこと、心情的なこと、
いろいろいろいろ悩みに悩んで
それぞれの結論に至ったに違いない。think

そのことを考えると
がんばってください、と迂闊に言うのはためらわれて
一瞬言葉に詰まるんですが。
やっぱり、がんばってくださいね、というしかない私。despair
自分が住む土地のお酒を日常的に飲むことは、
震災前には当たり前のように思っていたけれど
実はこんなにも幸せなことだったんだなあ。
think

んー、少ししんみりしてしまいましたね。

この夜、阿部さんが用意したお酒は23種類
そのお酒たちを飲むにあたっても、
今回は特に考えること感じたことがあったのですが
長くなったので、「その2」へ続きます。smile

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック