2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

濁り酒でゆるゆると

先日、毎度おなじみの
「真・海・菜・食 しん」さんへ。smile

Pa190457_800x600

濁り酒とお料理の会があるということでしたが…

写真右下にご注目ください。
おかしなeye看板がでています。

Pa190456_600x800

なんか、そんなことになってました(爆!)。happy02
えー、takakoさんとは、当ブログをご覧の方は
おそらくご存知かと思いますが、
日本酒、特に燗酒に造詣の深い某有名ブロガーさん。happy01

今夜は、しんの親方・根本真さんと、
柴田郡柴田町の店「酒肴亭 村田や」大平大介さん
2人でお客様をもてなす、酒の会。
料理は、真さん担当、大介さんがホール担当。

準備中の2人。
Pa190453_800x600

Pa190455_600x800

とにかく、ゆるゆるで…との趣向、
席はくじ引き、お酒も出てるのを勝手にどんぞ~! 
で、こんな感じのお酒たちでした。scissors

Pa190459_800x600

あ、あと乾杯酒はこちら!heart01
Pa190464_600x800

弁天娘活性にごりです。
しゅわしゅわで、ほどよい酸味、
そして旨みがしっかりあって
うまかったス!happy01note

&お料理も!

Pa190462_800x600

茄子のオランダ煮と、坊ちゃんカボチャの旨煮
あと奥がシソ巻き
もうーどれも味がこっくりしててTHE・酒のつまみ。
みんな野菜なのにねー、このコクったら…lovely
Pa190466_800x600

はたけしめじと、もって菊のみぞれ和え
こういうさっぱり系もまた、ンまい。shine
Pa190469_800x600

これ↑ サラダ的な1品なんですが、
なんかもう、サラダを超えたねcoldsweats02
(あ、別にサラダって書いてなかったか…)
にんじんドレッシングとか、里芋とおからのポテサラとか、
ひとつひとつが、まあ、旨いこと。
ちょいちょい入ってた酒粕のスモークってのが
またいいアクセントでした!flair

Pa190471_800x600

私的には、これ、この夜の絶品でした!heart01heart01heart01
イカの腑の味噌漬け(だっけ?)
いやー、酒飲みにはたまらん!

そして、気仙沼のカツオ
Pa190473_800x600
Pa190475_800x600

たたきとか銀皮造りとか、あといろんな部位をそれぞれ。。。
でもこのころはもうかなり酔っ払っていたので
全部の部位を食べた記憶が…食べたよね? わたし!sweat01
もっちもっちしてて生臭さが全然なくて
うまかったーー! 
という記憶はちゃんとあります。

〆は、はらこ飯ーーー!
Pa190477_800x600

どうですか? この宝石のようなイクラちゃんは?!lovelyheart01

お料理、ほかにもあったのですが、写真撮るの忘れてますね。。。

席がくじ引きだったので、元々知ってる方々だけじゃなくて
今まで「顔は見たことあるんだけど…」って方々とも
初めてお互いごあいさつしてお話出来たのも良かった!wink
終了時間近くには、入り乱れちゃってわけわかんなくなってましたケド。smile
最後になぜか(?)線香花火をしてお開き!

なんか、堅苦しくなくて、日本酒好きなもの同士
わいわい集まって秋の旨いもの満載のお料理食べて…って感じで
まさに、ユルユルな会、楽しかったです!!!

みんなの弾けた写真もあるのですが、
弾け過ぎてるかもしれないので、載せるのは控えときます~coldsweats01

というわけで、ちょっと得意げな2人の写真、載せとこう。smile

Pa190495_800x600

しんさん、村田やさん、同席の皆様、
どうもありがとうございました!

次に皆さまに会うのは忘年会かな?!coldsweats01

「純米酒BAR」の番組を作りました

ふと気づけば10月も半ばを過ぎました。
定禅寺ストリートジャズフェスティバルnote
「純米酒BAR」から、1カ月以上が過ぎたなんて
ちょっと信じられない気分!coldsweats02
ていうか、あと2ヵ月と1週間余りで今年が終わりますよ! 
「まじっスか!」 
って思わず言いたくなります。

さて、実はこの純米酒BARの模様を
撮影し編集した番組が出来上がりました。happy01
CAT-VのネットTVのなかのチャンネル、
「ことりTV」というところで見るeyeことができます。

こちらからどうぞheart01

5分という短い番組のため
言葉足らずなところもありますし、
カメラ操作や、編集も素人なものですから
音が小さかったり、画面が揺れていたりしてますが…sweat01
そこは大目に見ていただけるとありがたいですぅ…。

「わののわ」とお気に入りの酒器たち

仙台はこの3連休(10月8日~10日)、

とてもよいお天気に恵まれました。

いろんなイベントも目白押しでしたが、

私はこんなところにお邪魔してきました。note

Pa090433

Pa090434

Pa090436_2

うつわのちからのわ「わののわ」という器のイベントですhappy02

(リンクはこちらから)

「うつわの力で被災した人を元気にできないだろうか。
うつわによって気持ちが救われる人もたくさんいるのではないだろうか。
震災でお気に入りのうつわがたくさん割れてしまった人へ
自分だけのうつわを選んで手にする喜びを届けよう、
と始まったのが「わののわ」でした。」(HPより)

3月の震災では私もお気に入りの器がいくつか壊れてしまいましたthink
形あるものはいつか壊れる…と分かってはいても
やっぱり気にいってた器が使えなくなってしまうって悲しいsweat02
その器と出合った場所の思い出や、その時のうれしさ、
使うたびに増していく愛着。
そういうものが一瞬でなくなってしまう悲しさweep
今回ほど大きい震災だと、当時は「しかたない」と思っても
使おうと思った時に、「あ、あれ、割れたんだ」と。
後からじんわりショックだったっけ。down
Pa090438
でも、新しい器と出合う喜び、選ぶ喜び
こうしてまたやってくる!lovely
ひとつひとつ手に取って、器を見るのは、ほんと楽しいです。

わののわさんには、全国各地の作家さんの作品が並んでいました。
陶もガラスもシンプルで温かみのある器が多かったような。
そして、「これには何々を入れたら良さそう」って
料理を盛りたくなる、使いたくなる器。
もう~、欲しいのがたくさんあって困りました。
今回、うちの子として購入したのは、こちらの平盃。

Pa100452
ちょっとポテッとしたフォルムと、
モノトーンなのに温かみがある感じが決め手heart01

ついでに、マイお猪口コレクションから幾つかご紹介smile
Pa100446

左の脚付きはプレゼントでいただいたものです。
中の切子は、父が大事にしていたもの。深い赤が美しいです。
右のガラスは藤田喬平ガラス美術館のショップで見つけました。
底の厚いところにほんの少し虹色shineが入って、お酒を注ぐときれいです。
夏にはよく使います。

Pa100451

これは母の京都みやげ。
この変わった模様は源氏香だそうです。
漆器、好きなんですけど、独特のにおいが取れるのに
時間がかかりますねー。sweat01

Pa100447

で、ついつい、いつも使っているのがこれ。
津軽金山焼きです。
仕事で青森に行ったときに、リンク先の工房で買いました。
土ものの割に、薄手なところが気に入ってますhappy01
普段使いはけっこうこれが多い。
いっぱい入るし。smile

お猪口の持ちよりで酒の会も、最近珍しくなくなってますが
こうおいうの、話のきっかけになって楽しいですよね!

わののわ、次回もまた出合いを求めて伺いたいな。
次の時は当ブログでも前もってお知らせできればと思います。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック