2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 山形の酒蔵へ行ってきました その2 | トップページ | バレンタインに日本酒入りチョコはいかが? »

福島県、会津若松へ行ってきました。

1月最終の土日で、会津方面へ行ってきました。happy01

旅行をすると、1ヵ所は酒蔵に立ち寄りたい。
ということで、今回はこちらへ。。。

P1290827

会津若松の七日町にある「末廣酒造」さんの嘉永蔵へ。
観光客を常時受け入れていて
予約なども特にしなくても30分おきに見学できます。flair

入口から入るとこんな吹き抜けのスペースがnote

P1290855

立派ですねえ…。coldsweats01

末廣さんは平成8年に会津美里町に博士蔵を建設して
本社、工場として稼働しています。
博士蔵のほうは最新の設備で
コンピューター制御で温度管理をして造りを行っている一方、
この嘉永蔵では100%手づくりにこだわって
限定酒などの造りを行っていらっしゃるそうです。shine
タンクは小さいものだけで造っています。
P1290829

P1290831

いまは使われていませんが、
回転式の大きな甑(こしき)。up
P1290834

古酒を貯蔵する蔵もありましたsign01
30年以上前のものからあるとか。
P1290837

使われていない蔵を利用したホール。
時々コンサートが開かれるそうです。

P1290841

母屋も見学コースの中に入っています。
木材をぜいたくに使った、素晴らしい家。

P1290842

写真がありませんが、広いお座敷には、
松平容保や、徳川慶喜、野口英世の書が飾られてました。

P1290843

江戸時代の酒造りのようすが描かれた絵もありました。lovely

P1290846

試飲もできます。
奥の5本は、この蔵で造られていてここでしか買えないお酒だそうです。
同じ造りで(山廃 精米歩合60% 酵母も同じ)で
米が違うお酒の飲み比べなどもできました。happy02

そしてここに来たいちばんの目的がこちら!

P1290847

蔵喫茶「杏(きょう)」happy02

末廣酒造の中ではいちばん古い蔵で、
明治25年に出来た建物を活かした蔵カフェです。

P1290851

見事な欄間heart01。末廣酒造の象徴、扇が見えます。

P1290852

そして、吟醸酒ゼリーlovely
ゼリー好きとしては、これが食べてみたかった~note

うっすら黄金色に見えると思うんですが
お店の方がおっしゃるには
ゼリーにした後にもだんだん熟成していって
色も少し濃くなっていくんですって!coldsweats02
私も作ってみようかな?
味わいはほんのりと熟成酒っぽい風味
そんなにアルコールは感じないですが
日本酒らしさはちゃんとあって、おいしい!happy02
ふるふるの柔らかさもちょうどよく、
金箔がまたゴージャスな雰囲気でした。

P1290856

前回の会津若松旅行でお世話になった
鶴乃江酒造さんにもちょっと立ち寄ってきましたよ。wink

蔵や歴史を感じる建物が
街中に溶け込んでいる会津若松。
今回が3度目の訪問で、
初めて会津若松駅近くに宿を取り
居酒屋で地酒を飲み、「こづゆ」や「馬刺し」など郷土料理を食べて
地元の酒食を存分に味わいました。
何度訪れても「次はあそこに行きたい」という場所が出てきて、
また行きたくなる魅力的な町です。

« 山形の酒蔵へ行ってきました その2 | トップページ | バレンタインに日本酒入りチョコはいかが? »

蔵見学(宮城県外の蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/53860570

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県、会津若松へ行ってきました。:

« 山形の酒蔵へ行ってきました その2 | トップページ | バレンタインに日本酒入りチョコはいかが? »

最近のトラックバック