2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ワカメの勉強 | トップページ | 蔵見学「大沼酒造店」 »

日高見新酒披露宴2012

4月1日(日)、「日高見新酒披露宴」へ!

毎年この時期に開かれている会なのですが、
昨年は、東日本大震災の影響で中止。
2年ぶりということで、とっっっても楽しみにしていた会です。
今年もいつもお世話になっている
川内亀岡の阿部酒店さんで申し込みました。happy01

仙台と石巻を結ぶ仙石線がまだ全線復旧しておらず、
仙台駅から貸し切りバスで石巻へ。
会場の石巻グランドホテルへ着くと、まずはこの光景。

P4011011

全部で22本の日高見がタンク別にきき酒できるのです~♪

P4011013

こんなのや…heart01

P4011015

こんなのや…shine

P4011014

こんなのをnote

次々きき酒していくわけです。 happy02
この3つめの雄町、おいしかったです!

きき酒終了後は、ホテルの大広間で宴会です。

P4011020

この会は、毎回酒肴弁当なのですよね!
今年はできるだけ地元の食材を使ったものにしたそうで
どれもお酒に合っておいしかったです。 happy01

P4011030

そのほか、笹かまぼこ3社(白謙、粟野、高重)の食べ比べ
酒米のおむすび食べ比べ(山田錦と亀の尾)なんてのもあって
最後に日高見の酒粕を使った「鮭の粕汁」が出てくるのは恒例!up
楽しくおいしくいただきました!
私の隣には関東からのお客様もいらしたのですが
「笹かまって、会社によってこんなに味が違うんですね!面白い
感動なさってました。

平井社長からのご挨拶は、やはり昨年3月の大震災と、
そこからの復興についてのお話が多かったです。think

蔵はまだ修理が終わってない部分もあるとのこと。
造りが終わり次第、修理再開し、
また来期の造り直前の9月ごろまでかかるとか。wobbly
でも、今期の造りでは麹室、酒母室が新しくなり
上槽の機械が入る部屋は冷蔵管理ができるようになり
冷蔵庫はフォークリフトが入れるようになるなど
設備はかなり進化したそう。

震災後に平井社長からお話を伺った際、

「全国から励ましのメッセージや支援物資をいただいて、
これを何でお返ししていったらいいか、と思い続けて
復興酒「感謝の手紙」などで思いを伝えてきたが
これからは、さらにもっともっといいものを造らないと…。
酒造りを通してお返ししていかないとバチが当たる」


ということをおっしゃってました。

この日のごあいさつの中でも

「震災前以上のレベルのお酒ができなくては
皆さまへのお返しにならない」


という言葉があって、蔵元としての強い決意を感じました。weep

それから、今期でついに吉田杜氏が引退されるとのこと。

P4011024

あまり直接にお話をしたことはなかったのですが
こうして皆さんの前でお話されるときの柔らかい南部なまりの口調と、
生真面目さが伝わってくるお人柄というか佇まいに惹かれていたので
かなり寂しい気持ちになりました。crying

今後、蔵を引っ張っていかれるのは
小鹿さん、奥原さんを筆頭にこちらの皆様。shine

P4011025

また、今期から被災した2人の石巻の方が蔵人に加わったそうです。
地元の企業として石巻の復興に貢献していこうという気概が伝わってきました。

その模様を、最初から最後まで舞台の裾でじっと見ていらした平井社長。

P4011028

この姿に、私はなにか心を打たれて
思わず写真を撮りました。

同じ舞台に上がったって誰も不思議には思わないのに…。
「うちの蔵、うちの酒を支えてくれているのは蔵人たちだから」
という気持が伝わってくるような気がしました。
経営者である一方、蔵の顔、つまり広報としても
常に表に立ち続けている平井社長。
その「男気」が、このシーンから伝わってはこないでしょうか?

間違いなく震災復興の1ページとなった一日。
この場に参加することができてとてもうれしかったです。

平孝酒造の皆様、阿部酒店さん、同席くださった方々
お世話になりました。
どうもありがとうございました!!!happy02

« ワカメの勉強 | トップページ | 蔵見学「大沼酒造店」 »

酒の会(宮城県)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/54508264

この記事へのトラックバック一覧です: 日高見新酒披露宴2012:

« ワカメの勉強 | トップページ | 蔵見学「大沼酒造店」 »

最近のトラックバック