2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 寒梅酒造さん訪問 | トップページ | 日高見新酒披露宴2012 »

ワカメの勉強

3月某日、「ワカメ研究会」なる、おいしい研究会に行ってきました。happy01

今回、日本酒は絡んでいませんが、
いつも日本酒絡みでお世話になっている、
県庁の山田氏の企画ということと、

P3200953_2
これまたいつもお世話になっている
北仙台の「しん」さんがワカメを素材に腕をふるわれるということで
P3200962_2

当ブログでもご紹介させていただきます。smile
会場は、地下鉄旭ケ丘駅の近くにある、料理教室「七ツ森」さん。
とっても素敵なお教室でした♪

このブログをご覧くださってる皆様は
ワカメの旬てご存知でしょうか。
だいたい1月下旬から収穫が始まって、
3月、4月上旬くらいまで出荷が続きます。
塩蔵ワカメが年中手に入るので、
旬の感覚って野菜や魚ほど一般的じゃない気がします。
かくいう私もおぼろげでした^^sweat01

でも近年はこの時期になると、
生メカブ、生ワカメが出回ってますよね。
わたしも、以前「メカブの会」に出てからは
見かけると購入して家で食すようになりました。bleah

この日の講師は宮城県農林水産政策室の
本庄美穂さん、通称みぽりん!
wink

P3200957
以前、気仙沼でワカメの研究をする部署(?)で勤務されて
今はワカメとあまり関係のない部署にもかかわらず、
気仙沼に足を運び、ワカメ養殖業者さんと密に連絡をとって
震災からの復興なども含めて応援に尽力なさっています。
「ワカメが趣味」と言い切る“ワカメ女子”(笑)です。heart01

まず、美穂さんがまとめてきてくれたスライドをみんなで見ました。

P3200960
ワカメの全体像、部位の話から、ワカメの一生や、養殖方法、
さらに震災の被害状況と復旧状況などなど、
初めて知る話、初めて見る映像がたくさん。。。up
ワカメの苗(?)みたいなのをロープに挟み込む作業は、
ほんとたいへんそう!coldsweats02

ワカメには品種がいろいろあって、
葉をとるためか、メカブをとるためかで使う種が違う、とか
メカブはワカメの生殖器官だとか、
あと太くて硬い元茎の部分は商品化されずに
アワビのえさ用などに引き取られるとか。。。

そう、今回、この元茎の利用方法を探るのも
この研究会の目的のひとつでした!rock

(最近、ブログがテキスト中心ですみません。ここからは写真中心で・笑)

さあ、しんさんの出番!

P3200968

しんさんのワカメ元茎三本料理!
手前はショウガ風味の佃煮。
奥左は油揚げとワカメ元茎をみそ炒めにしたもの。
右奥はウドと元茎を豚肉で巻いたもの。

豚肉巻きが、最高!happy02
しゃきしゃきしたウドとコリコリした元茎の食感がよく、
お酒飲みたかったー!(笑)

P3200973

これは元茎を、味噌やゴマやオリーブオイルなどと
フードプロセッサにかけて、ディップソースにしたものだそうです。
コクがあってクラッカーにつけたら、これまたお酒のつまみにぴったりnote
これがワカメの元茎から出来てるなんて思えない…。

さらに、ワカメご飯happy01

P3200981

ワカメの葉の部分だけを入れたものと、
薄く小口切りにした茎も入れたものの2種がありましたが
全員、茎が入ってるほうが見た目がかわいくていいheart04と。

P3200984

そのほか、ドレッシングや、お漬物などもあり、
ワカメを主役にこんなごちそうがズラリ…lovely

これは何でしょう?

P3200986

中心はもちろん生ワカメ(葉の部分)ですが、
周りのは、実は元茎をしんさんの技でそぎ切りしたもの。
これを、お湯でしゃぶしゃぶして食べました!

元茎は独特のえぐみが少しあるものの、
食感が面白くて、私はモリモリ食べてしまった。
お湯に通すと、すごくきれいな緑色になるんですよ。happy02
このときのは残念ながら写真がないんですが、
お土産でいただいたワカメを家で料理した時のがこちら。
120321_184201

後ろのが、同じ元茎を薄く切ったものです。
ポン酢につけて食べました。
ホント、おいしい!

P3200975
こんな風にお湯に入れると…

P3200976

一瞬で、あら~きれいな緑に~!!!
手品みたい(≧∇≦)

焼メカブは、ゆっくりと色が変わっていきました。

P3200988

面白いですよね~!

春先の新しい仙台名物料理として
ワカメしゃぶしゃぶや、焼きメカブを打ち出すのはアリだと思います!

ただ、新鮮なものでないと、こうも鮮やかに色が変わらないとのこと。
新鮮なワカメやメカブが流通するような仕組みを整備することが
今後必要なんですね…とみんなで話していました。
ワカメを旬の時期に1本丸ごと買って料理することを
家庭で定番にするにはまだ時間がかかるでしょうが
飲食店での名物料理としての取り組みのほうは、
もしかしたら早くできるのかな?

ワカメを語りつくし、食べつくした研究会。
ワカメがこんなにも主役になれる存在だとは
本当に驚きでした。

山田さん、むっちゃん、しんさん、七ツ森さん、
同席いただいた皆さん、お世話になりました。
ありがとうございました!happy01

« 寒梅酒造さん訪問 | トップページ | 日高見新酒披露宴2012 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/54387630

この記事へのトラックバック一覧です: ワカメの勉強:

« 寒梅酒造さん訪問 | トップページ | 日高見新酒披露宴2012 »

最近のトラックバック