2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

蔵見学「大沼酒造店」

4月21日は蔵見学で、村田町の「大沼酒造店」さんへ。happy01

P4211127
今回は酒友・さぶちゃんの伝手で、お世話になりました。
ありがとう、さぶちゃん。shine

蔵を案内してくださったのは、久我健さん。
P4211134

2006年から蔵に入られた久我さんも、
今ではすっかり蔵の顔という感じですねnote
最初に地震の被害のことを中心にお話を伺いました。

見せていただいた、被害の状況の写真。
被害の大きさや、その後の修繕状況など
話には聞いていましたが…凄まじかったです。。。
P4211131
 ↑
右下に上槽の機械が倒れている写真がありますよね。

P4211144

                ↑
上槽の機械を支えているこのボルトが折れたそうです!wobbly
どんなすごい力が加わったのか。。。coldsweats02

蔵の改修で造りに入る時期は例年より約1カ月半後ろ倒しになり、
23BYの造りをスタートしたのが2011年の11月下旬。
伺った21日の2日前に「甑(こしき)倒し」が終わったところでした。confident

特に仕込み蔵の損壊状況が激しくて
大工さんからは建て直した方が早いと言われたそうですが、
蔵の町・村田でずっと酒造りをやってきた蔵として、
思い入れのある柱、梁を残して直すことを選択したそうです。think
P4211153

仕込み蔵に残されている、立派な梁shine
歴史の重みを感じます。。。

P4211135

今期の役目を終えた釜場。おつかれさま。

P4211138

そして、こちらが新しい麹室(こうじむろ)flair
麹室を新しくすると、蔵元さんでいちばん心配するのが
新しい木材の香りが麹に移り、それが酒の香りに影響すること。
(※以前に県外の蔵元さんのお酒でその香りを感じたことがあります。
当時は知らなかったので、それはそれで、おいしい~heart04とその時に思ったんですが
蔵元さんからすれば、意図したのと別の香りがするのは本意じゃないでしょうね)。

大沼酒造店さんでは、3年枯らした杉板を探してもらい、
浸透性の柿渋を塗りさらに数週間枯らす、といった苦労をして
この問題を解決したそうです。
たいへんなんですねえ…。bearing

P4211141

前回(2009年)に来たときと、いちばん変わったのが
この仕込み蔵槽場(ふなば)です。

P4211142
新しい槽場は冷房完備で5℃まで下がるようにできるそう。
床もコンクリートを打ちなおしたそうです。

ちなみに、下が2009年の2月に伺ったときの槽場。
Img_2730

床が写っていませんが、
向こう側の壁が、この時は窓になってますね。

そして仕込み蔵

これは仕込み蔵の下の部分。
久我さんの身長すれすれなのにご注目ください。

P4211148

そして上の部分がこちら。
            ↓

P4211149

上の渡り板の高さを高くして、
下での作業をやりやすくしたそうです。

ちなみに下は2009年の仕込み蔵
Img_2737_2

2つを比べると、タンクの上に出てる部分の高さが違うのが
お分かりいただけますでしょうか。
分かりにくいかなsmile

タンクは作業効率を重視して、仕込み蔵から3本減らしたそう。
これから搾られるお酒が発酵中でしたよ。
P4211152

酒母室。
P4211154

酒母はもうありませんでしたが、この太いパイプのようなものは
冷房の冷気が直接酒母タンクに当たらないようにするためのものだそうです。flair
久我さんのお話の中に、蔵を改修するにあたって
県内外の蔵を訪ねて見せてもらった、という話が何度も出てきて
蔵元さん同士の交流は、本当に大事なものなんだと改めて感じました。confident

P4211155

見学終了後には、きき酒させていただきましたsmile
ひと口に乾坤一と言っても、実にいろんな表情のお酒があるのに感心shine
秋に出る予定のあのお酒secretには、いや~、ほんとビックリ!しました。
話も弾んで、思わず帰りのバスを1本乗り遅れたくらいにして。。。

P4211158


P4211156

震災の被害から力強く立ち直った宮城の酒蔵さんを
またひとつ自分の目で確認できて、
とてもHAPPYな一日でした。happy02heart04
大沼酒造店さん、久我さん、同行の皆様、
たいへんお世話になりました。
ありがとうございました!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック