2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 蔵見学2016「蔵王酒造」その2 | トップページ | チャレンジ!「ハゼの焼き干し」作り! »

蔵見学2016「山和酒造店」

2月半ば過ぎの蔵見学は、加美郡加美町の「山和酒造店」さん。
早坂久美さんにお声掛けいただいて、伺うことができました。
前回はいつだったかな~と自分のブログを振り返ってみると、
2009年2月。なんと、7年前!
ひゃ~、めちゃめちゃ久しぶりです。。。

P2190066
迎えてくださったのは
山和酒造店7代目蔵元の伊藤大祐さん。
最初にお話をいろいろ伺ったのですが、
面白かったのが、お酒の甘さの話。
近年の日本酒のトレンドとして、やや全体的に甘めな酒が
好まれている傾向です。
といっても、宮城県は比較的ドライなお酒が多いと思うのですが
その中にあっても特に山和さんのお酒は、大吟以外はけっこうドライ。
かなりすっきりタイプで強く主張する香りもありません。
伊藤さん自身の酒の好みも、
昔から変わらずで、はっきりしていて
自蔵の酒とかけ離れたタイプをおいしいと思うことはほとんどないそう。

「熟成だめ、生ヒネダメ、カプロン酸系の香りも好きじゃない。
日本酒に対しての許容範囲はめちゃめちゃ狭い」
そうです(笑)。
「酒って、絶対食べながら飲むじゃないですか。
そのほうが体にもいいですし。
おいしいものを食べて、いっしょにお酒を楽しむのが
いちばん健全な形だと思うんですよね」。

 

P2190067 P2190068

その一方で、好みとは別に
完成度が高い酒が好き。『こういうものが造りたい』と意図して
造ってることが分かる、そういうお酒を造っている方たちはすごいなと思います」。

P2190070

今期からの洗米器(部分)。
最新型だそうですけど、ほぼ原形とどめてないそうです。
内側の配管を増やしたり、水流の強さを変えるためにノズルを変えたり
中が見られるようにしたり、水抜き用のバルブを付けたり。
とにかく、いろいろ切ったり、穴開けたり、溶接したりして改造したそうです。
なんか、このまま
新商品として売りだせそう(笑)
P2190073

麹の大箱。麹は大吟用もすべてこれで造るそう。
スタイロフォームという、断熱材製です。
写真がないのですが麹を引き込む「床」のところも
この断熱材で囲ってありました。
麹づくりの最初の段階で乾燥させ過ぎないようにするのに
とてもいいそうです。
この大箱も、センサーとか換気扇を買って
特注で作ってもらったと話されてました。
P2190084

仕込み蔵。

ここで私が印象的だったのが
伊藤さんがもろみを観察する様子。
うまく表現できないのですが、
「生き物をお世話する感」をとても感じました。
ちょっとした変化に、ひとりごとをぶつぶつ言ったり
元気がないのを心配して、その後蔵人さんをつかまえて確認したり。
P2190085

P2190087

分析室 も新しくなったところです。
最近、分析機械、力を入れてる蔵が増えた気がします。

冷蔵庫は-2℃とか、-3~4℃とか、
全部で4つあるそう。
以前の見学の時に「造ったあとの貯蔵は何でも同じ冷蔵庫に
いれればいいっていうのはもうダメで、蔵ごと競争のレベルが
そういうところまで来ている」と伊藤さんが話されていたのを
思い出しました。
あのころは、へぇ…なんて思って聞いてたけれど
実際、今そうなってますよね。


P2190090_3 P2190091_3 P2190092_2

最後に、3種類をきき酒させていただきました。
左の特別純米が、ごく微かに苦味を感じるくらいにかたく感じて
これは新酒ですか?と聞いたら、26BY(前期)との答え。
びっくりして「熟成感のかけらもないですね!」と言うと
伊藤さん、ふっと笑って
「それがうちの酒の良さです」とひと言。
なるほどな~!
いちばん右の純米大吟醸は確かにはんなりとした甘さは感じます。が
特別純米と純米吟醸は、冷たくしてあると
少しそっけなく感じるほどのドライさ。
それが、常温に近づいてほどけてくると
ほんのわずか、やさしい感じが出てきてそれが心地よい~。

今回の蔵見学でいちばん印象的だったのは、
既存の機械や道具の機能に妥協せずに、
自分たちの納得いく作業ができるよう工夫や改良をするこだわり。
お酒自体は今の甘さへ向かうトレンドとは真逆に近いけれど
けっしてマニアックじゃない。
造りは目指す酒質に向かって流されず、
ブレずにやっていらっしゃると感じました。
うーん。上手く書けなくてもどかしいのですが。。。


なんか、ガンコさ、ブレの無さがいいじゃないですか!
そして、食中酒LOVEな私には、大歓迎です!

P2190094

またまた宮城の蔵元の底力を感じた見学でした。
お忙しいなか、たくさんお話してくださった伊藤さん、
テンドしていただいた、早坂久美さん、
どうもありがとうございました!

« 蔵見学2016「蔵王酒造」その2 | トップページ | チャレンジ!「ハゼの焼き干し」作り! »

蔵見学(宮城県の蔵元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/63281604

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵見学2016「山和酒造店」:

« 蔵見学2016「蔵王酒造」その2 | トップページ | チャレンジ!「ハゼの焼き干し」作り! »

最近のトラックバック