2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 蔵見学2017「蔵王酒造」 | トップページ

蔵見学2017「川敬商店」

蔵王酒造さんに伺った翌日は、
美里町の「川敬商店」さんへお邪魔しました。


このブログでは、なんと2008年に記事を投稿して以来!
ちょっと自分でもびっくりしました。
その間にも、別なお仕事などでお邪魔しているし
川敬商店の顔として活躍中の川名由倫さんとは
イベントなどでちょくちょくお目にかかっているので
自分にとってはとても身近で親しみを感じている蔵元さんなのです。

Pb040009_2

(上は昨年の11月の穣りの宴での由倫さん)

「黄金澤」、「橘屋」を造る川敬商店さんは、全国新酒鑑評会の金賞を
13年連続受賞! しかも記録は更新中!

P3050549

前日にお邪魔した蔵王酒造さんもそうなんですが、
この川敬さんも以前は3000石を造っていたこともある蔵元さんでした。
なので、敷地が広くて蔵も大きいのですが
現在は小仕込み中心に約400石の規模で造っていらっしゃいます。

P3050559

酒造りの工程で重要な順番のことを言った言葉で
「一麹、二酛、三造り」というのがありますが、
宮城の蔵元さんたちは、麹のさらに前の「洗米、浸漬」の段階をすごく大切にしています。
川敬さんもまた然り。

精米歩合が60%以下の米は、このネットに5㎏ずつ入れて手洗いされてるそうです。

洗米専用の機械もちゃんとあるのですが

「5㎏ずつだとよく水をかけながせて、ぬかをきっちり落とせるし
雄町のような割れやすい米も、やさしく洗えるんです」と由倫さん。

黄金澤や橘屋の、曇りのないおいしさの理由は
こんなところにあるのかな、と思った話でした。

P3050563

もう今期の麹仕事は終了されていました。

P3050565

「今年は米が固めだったので、最初の段階であまり乾かし過ぎないようにしました」
と由倫さん。

下の穴の空いた板がスライドできるようになっていて
乾かしたいときは穴を広げ、温度を上げたいときは穴を閉じる
という風に使うそうです。

P3050568

ひとめぼれ 60%精米の麹。

P3050571


今期最後の酒母を見る由倫さん。
「この子、すごい元気なんです。いい子なんですよ~!」と
愛おしそうに語るその姿から、母性を感じました^^

P3050577

もろみタンクもあと数本。
雄町で仕込んだ1本の酒母を2つのタンクに分けて仕込んだ兄弟タンクがあり、
それぞれ味が違うことを確認。面白い!
どんなお酒として販売されるのかなあ、楽しみです。

最後は大吟醸や橘屋純米吟醸原酒、黄金澤黒ラベル、橘屋雄町などを
きき酒させていただきました。
大吟醸がとにかく素晴らしいお酒で。。。うっとり。。。

P3050586

「人の手をかけて、人の手で慈しんで酒造りをしたい」と話していた由倫さん。

これを聞いて、思い出したのが、以前、お父さんである社長の正直さんが搾りのタイミングについて話された言葉。

「もろみの声を聞き、もろみとお話するんです」。

このお話、お酒への愛情を感じて、感動したんですよね~。

由倫さんの言葉に、父から娘にしっかり受け継がれている
川敬さんの酒造りの原点を見た気がしました。

連れて行ってくださった阿部酒店の阿部さん、
ご一緒させていただいた皆さま、
そして蔵の皆さま、どうもありがとうございました。

« 蔵見学2017「蔵王酒造」 | トップページ

蔵見学(宮城県の蔵元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100941/64991917

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵見学2017「川敬商店」:

« 蔵見学2017「蔵王酒造」 | トップページ

最近のトラックバック