2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

酒は人が造る


日本酒蔵の仕事は全体的に手作業の印象が強いと思います。

たとえば、麹造りや、もろみの櫂入れなんかは

お酒を良く知らない人でも、イメージする作業ではないでしょうか。

 

ラベル貼りや、酒の瓶詰も、手作業で行っている蔵がまだまだ多いです。

歴史のある蔵は、建物自体に年月を重ねた風格を感じるところもあります。
(古さゆえ、構造上の理由で衛生管理が行き届かない、という苦労も

あると思うのですが)

そうしたところにロマンを感じ、
日本酒蔵らしさを感じる人が多いのは事実。

だから、機械化を進めたり、蔵を近代的なものに建て直したりすると

「工場で造っているみたいで味気ない」と言う声もたまに聞こえてきます。

 

でも、それは少し違うと、私は思っています。

 

以前、ある蔵元さんが話していました。

 

「機械化しても、その機械を使うのは人。 

たとえば、もろみの温度を調整する機械を入れても
その温度を何度に設定するかは、人の経験が絶対に必要です」

 

また、こう話した蔵元さんもいました。

 

「ラベルを手で貼っても機械で貼っても味が変わらないなら、 

そこを機械化してその分の人力で早く火入れし、品質アップに繋げたい」

 

自分はこういう酒を造りたい」という理想があって

それに近づけるために機械を導入することは、

決して、単なる工場生産化ではない、と思います。

(誤解されることがないよう、書いておきますが

古い蔵や、手作業を大切にして造りしている蔵元さんが、

遅れているという意味ではありません。

あくまでその蔵の考え方なのです)

 

もうひとつの問題は、酒造会社の職場としての環境。

朝が早く、力仕事や寒い中での水仕事が多い。

社員でなければ秋の終わりから春先までの季節雇用。

―これが今までの蔵人の働き方。

日本酒好きでも、二の足を踏む労働条件です。

萩野酒造の見学で、曜平さんが言った、

「これからは努力と根性の酒造りを見直し、 

機械化等の効率アップで無駄を排除して、 

その分を品質向上のための大事な部分に注力したり、 

蔵人の負担も減らしたりしていかないといけません。 

酒造りを若い世代にとって魅力的な仕事にしていかないことには、 

この先の未来は無いと思います」

という言葉がチクチクと刺さります。

確かに、このまま改善されないと

日本酒蔵はあと50年もしないうちに
半分以下になってしまうでしょう。

(実際、50年前は今の約2.5倍の数の酒蔵が日本にあったのです)。

 

品質に関係のない作業は効率化し、

力の差に関わらず男女問わず働ける環境と、

厳しすぎない労働条件を整えて、人員をきちんと確保し、

手を掛けたい部分にしっかりと掛けられるようにする。

そのために、機械の導入や、

蔵の新築を考えている蔵元さんは、少なくないはずです。

 

だからこそ、私たち飲み手は、

「蔵の機械化=酒の工業製品化」と安易に独断することなく、

「酒についての正しい知識を得る」こと、そして

「人(蔵元さん・蔵人さん)を知る」ことを

大事にしなければ、と思うのです。

 

酒は、どこにいても手に入る世の中ですが

蔵元さんや蔵人さんにはなかなか会う機会のない方もいるでしょう。

このブログが、ほんの少しでもその機会の代わりになれば、

うれしいと思っています。

Images

年末年始ダイジェスト(笑)

新年、おめでとうございます!

…って、松の内も明けて、どんと祭も終わりましたが、
一応、年明け初のブログ更新なのでご挨拶を。coldsweats01

さてこの年末年始、若干体調崩し気味でしたが
それなりに日本酒をたしなんでおりました。smile
サボっていたらネタが溜まりすぎたので
ダイジェスト版で失礼させていただきます。

12月半ばには、一ノ蔵さん主催の日本酒セミナー、
「SAKE知美楽CLUB」のクリスマスパーティーへ
参加させていただきました。

Pc150674

なんて可愛らしい見せ方!

左下から時計周りでご紹介しますと

・ホタテ貝柱とカブのサラダ アールグレイの香りで
・カリフラワーのパンナコッタ ホッキ貝添え
・スペルト小麦のサラダ
・地鶏もも肉のポッシェ フルーツトマトと
・みかんのコンポート
・スップリ パルメザン風味


だそうです。
料理名を聞いても見ても、よく分からないものもあったりして
なんだか魔法で作った料理をいただいてるような感じでしたcoldsweats02

Pc150678

このブッシュドノエルも、メルヘンshineですー!

これらのお料理を作ったのはこちらの方。

Pc150680

cooking place Numahataの沼畑さん。
やっぱり小さなかわいい魔女みたいなお方です(笑)。

それから「みやぎの酒応援隊」の忘年会もありましたhappy02

Pc160688

乾杯酒は、ちょうど忘年会が行われた12月半ばに出たばかりだった

「伯楽星 純米吟醸 おりがらみ」。


東日本大震災で大きな被害を受けた新澤醸造店
製造部門を11月に川崎に移し、新蔵で醸したお酒の初出荷ものです。

Pc160685

純度が増したというか、透明感が増したというか…
(あ、それって、味のイメージの話ですよsweat01
口に含むと、キラキラshineというイメージが頭の中にパッと広がる。
そんな味でした。
新澤さん、やってくれました! 
ありがとうございます!

しんさんのお料理は、もちろん相変わらずの美味しさheart01
Pc160692

「トマトと寒キャベツのおでん仕立て」
やさしい風味の出汁のギリギリの味付けが
トマトの甘味、酸味を生かしてました。
トマトの下には仙台麩が隠れていて、ほどよいコクを加えるいい仕事をscissors
んーーーおいしかった!!!lovely

Pc160699

漬け鮪の白菜巻き寿司。
これ、めっちゃおいしかったー!
もっと食べたかったな…。catface
これで丸かぶりしたいですね。。。ダメ?sweat01

そして、年明けてお正月。

おせちは昨年に引き続き、「しん」さんのおせち。

P1010774

P1010775

P1010776

なんと今年は三段重!!!happy02

ひと品ひと品手が込んでいて、しかも日本酒に合うものばかり。
のん兵衛の、のん兵衛による、のん兵衛のためのおせちsmile

111231_164601_2

もちろん、宮城のお酒たちと共にいただきましたよwink

今年もマイペースでぼちぼち更新していきますので
よろしくお願いいたします!

 

周ってきました

突然ですが、「東北蔵元スタンプラリー」ってご存知ですか?

東北6県の若手蔵元さんが組織する
東北青年清酒協議会で企画したものです。
登録してるのは東北6県の蔵200軒note
その近くまで行って携帯電話のGPS機能を利用して、
ポイント(スタンプ)ゲット!shine

これに、私、7月から気合いを入れて取り組んでおりまして、
先日の会津旅も実はそもそもの目的はそれでございました。smile

蔵元に行くといっても、
一軒一軒見学をするのではなく
蔵のすぐ近く(半径500m範囲くらい?)へ行くだけでいいんです。
これがなかなか面白くて!

「へえー、あの蔵ってこんなところにあるんだ~」
「おお、あのお酒を作ってるのはこの蔵だったのね!」
「街中なのに、けっこう酒蔵がたくさんあるなあ」

等々、いろんな発見ができました。

そして思わぬ場所や人との出会いがあり、それもまた楽しhappy02flair

つい先週末は、岩手、秋田方面へ足を伸ばしてきました。

岩手、盛岡では「菊の司」さんの前の
ディープな酒屋さん兼、一杯飲み屋さんへ。

110828_183301

菊の司さんの蔵の裏手になるのかな?
風格ありました。

110828_183302

平興酒店さんというお店です。
mixiのお友達、はまみさんに教えていただきました。
はまみさん、ありがとうございます。happy01

手前がお店、その奥が簡単な椅子とテーブルの飲み席。bottle
お酒は全部菊の司さんのお酒で
おつまみは乾きものや冷奴、缶詰。
酒はなみなみたっぷりのコップ酒。
それでいて格安!coldsweats02

私が飲んだ亀の尾仕込み無ろ過純米生原酒
1杯なんと260円でしたよ。(確か)
常連のお父さんたちがお2人、先客で飲んでらっしゃいました。
とても温かく受け入れてくださって、お店のお母さんも笑顔が素敵lovely
和やかに飲兵衛同士の会話を楽しんできました。
それにしても、2人で1杯ずつ飲んで、お豆腐食べて計620円。
うーん、安すぎる。sweat01

そうそう、石鳥谷の道の駅の「南部杜氏伝承館」へも立ち寄りました!

110828_154402

大正から昭和初期のころの昔ながらの酒造り
資料として保存するために再現したビデオが流れていました。shine

今では省略されているような過程をじっくりと見たり、
合理化、近代化されている現在の工程と比較して見ることができて
とても面白かったです。
昭和62年に撮影されたものだとか。
思わず真剣に見入ってしまいました。
南部杜氏さんの名簿も置いてあったので、
宮城の蔵の知ってる方々の名前を見つけて喜んだりして(笑)。
伝承館のお隣の酒匠館では、「酒ケーキ」cakeを購入しました。smile

それから、秋田では美郷町六郷というところへ。
こちらは名水の里として有名なところなんですねconfident
「栗林酒造」「八千代酒造」「高橋酒造」
さすがに3つの蔵元さんがごく近い距離の中にまとまって在ります。

110829_131301

街のあちこちにこんこんと湧く清水では
スイカや飲み物が冷やされていました。happy02

110829_132601

ハタチや清水という湧水を管理されている
「ハタチや酒店」さんに立ち寄りました。happy01
仙台から来たというと
「あ~、それはまんずたいへんでしたなあ」と
秋田の優しい訛りでお話してくださった店主のお父さん。
御親戚が仙台にいらっしゃるということで
被災直後の沿岸部を目にされたそうですが
たいへん衝撃を受けられたことを話してくださいました。think
この六郷の町内からも、ボランティアで宮城に行かれた方は
ずいぶん大勢いらしたそうです。
こんな遠いところからも来てくださっていたんだ 、と
感動してweepお礼を言ってきました。

東北蔵元スタンプラリーのおかげで
いろんな出会いと発見を楽しんでいます。
盛岡の冷麺や、横手の焼きそばとか
110829_145601
おいしいものもあれこれいただいてきましたしね!wink

さて、きょう8月31日で前期は終了。
明日9月1日から2月29日までが後期です。
前期、後期の各間で上位3名には区間賞(お酒?)があるようですので
後期からがんばっても賞が狙えますよ!
皆さんもまずは登録してみてくださいね。
ちなみに私、前期の2位でした!shinesmile
前後期通しての総合でどこまでがんばれるかなー?

お花見をしてください

震災で亡くなった方々、被害にあった方々に配慮し

今年は花見を自粛しよう、という意見が広がっています。

関連ニュース


被災地へ配慮してくださるその気持ちは、本当にありがたいことです。


でも、私は、お花見をしてほしい、と思うんです。

(あくまで私の個人的な考えですが…)

今朝の新聞で、宮城県の被害総額が2兆円を超えた、

という記事を読みました。

おそらく、最終的にはもっと増えるでしょう。

このまま様々な催しを自粛し続けて

経済が委縮してしまったら、宮城、東北の財政どころか

日本の財政までもが共倒れになってしまうのではないでしょうか。


被災地や、避難所の方々だって、もし近くで桜が咲けば

その下で花を愛で、お茶とお菓子でささやかにお花見をしたくなるかもしれません。

桜の花が、きっと傷ついた方々の心を癒してくれるはずです。


だから、今、元気な方、経済的に不自由ではない方は

積極的に外食をして、花見もして、生活を楽しんでほしいと思うのです。

できることなら、手に入る範囲で、宮城の、東北の、お酒や食べ物をそろえて

どうぞ、お花見を楽しんでください。

その中で、少しだけ、どんちゃん騒ぎを控えて、

被災地の人々とその暮らしに思いを馳せてください。

そうしてくださることで、経済が回り、復興への手助けになることもあると思います。

春は被災地にも、そうでない場所にも、平等にやってくるのですから。

Img_2032

復興への灯

東日本大震災から二週間が経ったきのう。

県北の大きな被害にあった2つの蔵元さんとお話する機会がありました。

そのうちの1つの蔵元さんは、

「倒れたタンクのもろみ、廃棄するはずだったんですけど

真っ暗ななかでシュワシュワ言ってる音を聞いたら、もうたまんなくて。

どうしても搾ってやらなきゃ、酒にしてやらなきゃ、って」

搾り機を手動モードにして、なんとか上槽したそうです。

商品にはならないのでしょうけれど…。

ジーンとしました。

もうひとつの蔵元さんは、こう話されていました。

「私たちの代で、終わらせるわけにはいかないって思って。

みんなでもう一度がんばろう、って話し合ったところです」

その声が明るくて、少し安心したけれど、

その一方ではとてつもなく大きな不安を抱えていらっしゃるのかもしれない、

と、想像したら

涙が出そうになりました。

でも、私たちが泣いていてはいけないですね。

川内亀岡の阿部酒店さんの24日付けのコラムでは

津波の被害にあった石巻の平孝酒造・平井社長のこんな言葉がありました。

「売れなかった頃 あの頃の気持ちで このお酒をどうしょうと蔵を片付けているのと

今はうちの酒を応援していただいて 待っててくれるお客様達がいらっしゃるのと 

気持ちが全然違いますよ・・・

復旧は早いと思いますが 復興はこれからです 頑張りましょう!」

宮城の蔵元さん方、復興へ向けてもう一歩を踏み出されています。

私たちも何ができるか、考えて、出来ることを始めていこうと思います。

東日本大地震

東日本大震災が起きてから10日が経ちました。
このブログをご覧くださっている皆様の
ご無事をお祈り申し上げると同時に
震災や津波の犠牲になった多くの方々に
心よりお悔やみ申し上げます。

特に、三陸沿岸地域の津波被害の状況については
目を、耳を、覆いたくなるようなニュースが
毎日のように入ってきます。
家、家族、財産、すべて無くした方々のことを考えると
同じ東北人として胸が張り裂けるようです。
私自身も、家族、親族を亡くされた友人や、
いまだ連絡のつかない知人がまだいて、
気持の落ち着かない日々を過ごしています。

宮城県の酒蔵も甚大な被害を受けた蔵が
たいへん多いと聞いています。

蔵に1m以上の高さまで浸水があったり、
搾るばかりになっていたもろみのタンクが倒れてしまったり、
停電のため温度管理ができなてもろみがダメになってしまったり
搾る機械が壊れてしまったり、
蔵の建物自体が倒壊してしまったり等々。

蔵見学で行ったあの蔵、この蔵、
顔なじみの蔵元さんたち。
今どんなにか苦悩されていることでしょうか。
胸が痛みます。

たったひとつの救いは、
今のところ人的被害が聞こえてこないところです。
人が元気であれば、長い時間がかかっても
宮城の蔵元さん方は必ずまた立ち上がり、
酒造りを再開してくださる、そう信じています。

地震後、数日たって、少し落ち着いた夜、
お猪口に「伯楽星」を1杯だけ飲んだ時
体と心が一気に緩むのが感じられ
自分が知らず知らずのうちに
緊張し続けていたと分かりました。

東北の復興には、これから長い道のりと困難が
待っています。
そんな中で私は、宮城の酒を愛する者として
宮城の酒のためになにができるだろう。
手探りになるかもしれませんが
考えて自分の出来ることを見つけていきます。

最後に皆さま、どこかのお店で宮城のお酒を見つけたら
ぜひ飲んでください。買ってください。
そして心の中で「がんばれ」ってつぶやいてください。
きっとその声は蔵元さんに届くはずです。

どうか、どうか、宮城の日本酒をよろしくお願いします。

002


純米酒BARにご来店ありがとうございました!

2週間前なのに、もうずいぶん前のことのような気が…coldsweats01

9月11日、12日の定禅寺ストリートジャズフェスにて開催の

「純米酒BAR」、無事、終了いたしました。

今頃のご報告ですみません!

期間中、ご来場くださった皆さま、
ご協力いただいた宮城県酒造組合様、蔵元の皆様、酒販店様、
どうもありがとうございました!
心より、御礼申し上げます。

そしてそして、スタッフの皆々様、
本当にお疲れさまでした!

2010junmaibar1_4

詳細は、大ボスの、おっかあ早坂さん
すでにこちらでブログにアップされてますので

http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/okkaa/archives/2010/09/post_397.html

ご覧いただくとして、
個人的感想や反省など…。

まず超・個人的反省。

ワタクシ、2日間登板の予定だったのですが
1日目、体調を崩して情けなくも午前中にダウン。
体調管理ができてなかったなー…。

…ま、それは置いとくとして、
今回のジャズフェスは、あいにくのお天気で。
特に日曜日はほぼ一日中雨rainでした。

朝一で「長靴で来るように!」と伝令の電話が入りまして
実際にこの目で現場を見るまでは想像つきませんでした。
我々純米酒BARがブースを出した場所は
どうやら錦町公園のなかでも低い場所らしくて
雨がどんどん集まってくるんですねーwobbly
降ってみてはじめて分かった。
ブースの中も外も、足もとは軽く“沼”状態。
一同、テンパりましたcoldsweats02

でも、すぐにスタッフの1人が機転を利かせて
大きなブルーシートを数枚持ってきてくださり、
それを外にも内部にも、お休み処にも敷いて急場をしのぐことに。
もし、あれがなかったら…と思うとゾッとします。
シートを敷いても、後半は足もとがぐちゃぐちゃになってしまい
人海戦術で雑巾使って水を吸いとったりしてました。

終わってから「雨でたいへんだったねー」と
たくさんの方から声をかけていただきました。

実際、お客様には足もとが悪くて申し訳なかったものの、
雨天の純米酒バーがとてもいい経験になった、とは
スタッフの共通した意見。
というのも、過去2回、気になるほどの雨は降ったことがなくて
雨の場合のイメージが全然できてなかったのです。
でも、これで来年以降の雨対策がきちんと考えられます!
そう考えれば、今年の雨はありがたいことだったのかもhappy02

また昨年、大行列になってご迷惑をおかけしたのを反省して
運営スタッフ一同でオペレーションを練りに練った結果、
(お客様が、雨で昨年ほどの数ではなかったこともあるのですが)
ほとんどお待たせすることなくお酒を提供できました。
その点は、今回の収穫です!

それから、お休み処で「きき酒」「日本酒クイズ」、
また、遊びに来てくださった蔵元さんが
その場にいた方々と交流してくださったりと
お客さまと日本酒との接点をこれまでで一番作れたと思います。

…なんて、内輪的な話だなあ、すみません。

雨で肌寒い天候にも関わらず、
最終的には2日間にわたって延べ1000人以上のお客様に来ていただきました。

本当に、本当にありがとうございます!shine

撤収直後は、脱力状態、涙・涙だったスタッフでしたが
その後の復活も早く、
「来年はもっとこうしたい、ああしたい」
と、いう声もすでに出ていたりして…(笑)。

そんなこんなで1回ごとに進化していく純米酒BAR。
来年目指して、気持ちだけはすでに始動!rock
今後ともどうぞよろしくお願いします!!!

(おまけは、平孝酒造の平井社長heart04とのスリーショットsmile

2010junmaibar2_2

最近のトラックバック