2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

きき酒会

好きな味を探す。

Img_2642 2月4日は宮城県酒造組合にて「きき酒会」。毎度思いますが、ずらーっと宮城の日本酒が並ぶ様は壮観ですなあ。今回は91種類のお酒がそろえられていました。

時間がなくて全種類はきき酒出来なかったのですが、中で、「あ、この味好きだな~!」と思ったのは「於茂多加 山田錦 特別純米」と「日高見 純米 山田錦」。どちらも飲み飽きしないタイプです。特に日高見のほうは、いくらでも入りそうな、危険なスルスル感。私の場合、デイリーに置いておくなら、こういう酒かなあ。それと「あたごのまつ 限定純米吟醸」も、
あと、先日蔵見学に伺った、気仙沼の男山酒造さんの「華心」が、心地よい甘い余韻が舌に漂う感じで印象に残りましたcatface

それと、今回で4度目の参加ですが、今まででいちばん参加人数が多かった気が!
宮城県の日本酒界は盛り上がってるんじゃないでしょうか!happy01

Img_2643 そして。

なぜ全種類きき酒する時間がなかったかというと。

その理由はこちら!!!

県庁北側の「さなぶり」にて、
一ノ蔵さん
の「立春朝搾り」を味わう会へ。









Img_2647この日の早朝に一ノ蔵でラベル張りに参加した方々もいらして、皆で今朝搾った酒のフレッシュな味と香りを堪能heart04Img_2644
縁起物ですからねー、やっぱりこの日に飲みたいもの! お料理もおいしくて、特にばっけ味噌を塗って焼いた魚が、日本酒と抜群に合いました。


そしてなんと最後に「立春朝搾りの1年熟成もの」、つまり去年の立春朝搾りをいただいちゃいました! 新酒と飲み比べながら、生熟成香を確認して、なるほどなーと舌の勉強にもなりました。

日本酒をロックで♪

昨夜は宮城県酒造組合で開催しているきき酒会。17時半からの会にいちばん乗りで鼻息荒く行ってきました。
今回から新たな試みで「イチオシの味わい方」って項目が加わってました。102種類の酒それぞれに次のような、飲み方のお勧めが!

・ロック(氷多め)
・ロック(氷少なめ)
・キリッと冷やして、
・室温くらいで、
・お湯割り、
・ぬるめの燗、
・熱めの燗。

日本酒ロックは、家でたまにやるんですが香りや味のタイプがそれに向くお酒かどうかってことまではあまり考えたことなかったなあ~。
酒造組合のI先生のお話によると、日本酒の香り成分は水に溶けない性質があるので氷が溶けた水と出合うことで、香りが揮発して吟醸香が花開くように感じられるとのこと。
興味あるのはお湯割り。きのうお湯割りに向くと紹介されてた酒は

幸之助院殿 新生漢方米 特別純米酒(綿屋)
黄金澤 山廃純米原酒 ひやおろし
日高見 純米 山田錦
日高見 純米酒
橘屋 特別純米酒 雄町
黄金澤 山廃純米酒

でした。うまみがたっぷりある感じのお酒かな?

102種類、酸度とアミノ酸度をメモしながらきき酒しました。そうすることで「なるほど」と目からウロコなところも多々あり。それはまた別な機会に!

会場には、I先生、H先生らがいらっしゃるので疑問に思ったことを質問すると、すぐ答えていただけるのがまたいいんですよねー。きのうはここ数回で比べるとずいぶんにぎやかで質問も活発だったように感じました。

最近のトラックバック