2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

自己紹介

自己紹介

え~、気仙沼シリーズ、まだまだ続くのですが、
当ブログが河北新報社が運営するSNS「ふらっと」にて
ただいま注目のブログとしてご紹介をいただいてます。
このようなつたないブログ、お恥ずかしい限りですが
初めて見てくださる方が増えているようなので
この辺で自己紹介も兼ね、このブログを作ったわけを。

仙台でライターの仕事をしてます。
今40代ですが日本酒は20代半ばから好きで
当時勤めてた会社の中で日本酒党の会を作り、
(ってただののん兵衛の集まりですが…汗)
日本酒の種類が豊富な店を開拓しては飲み歩いてました。

(余談。「とうじ」って打つと「杜氏」って出るし
「つくり」と打つと「造り」って出るよ、私の文字変換…)

その後、ワイン、焼酎、泡盛、ウイスキーと渡り歩いたのですが(笑)
松島のステキな酒屋の看板娘さんと出会い、
ふらっとの「みやぎの酒応援隊」の熱い管理人さんと出会い
おいしいお酒と料理を提供してくださる数々の飲食店の方と出会い…いろんな出会いがあって、日本酒に戻ってきました。

あと河北ウイークリーで過去に4度、日本酒の特集を担当させてもらったことも、日本酒にぞっこんになったきっかけのひとつかなあ。

去年、一念発起して「きき酒師」の資格を取得。
“きき酒師は、とってからがスタート!”
というポリシーのもと、日本酒のおいしさや楽しさ、奥深さを伝え広める活動を、自分のできる範囲でやっていこう、と思ったわけです。

きき酒師とはいうものの、きき酒能力には自信ないです^^;
蔵見学に積極的に参加している理由は、
蔵元さんの話をじかに伺って、できるだけその蔵の考えや特徴を知って人に伝えたいし、また例えば「これはどんな酒?」と聞かれてお酒を勧めるときにも、そうした話を付け加えながら魅力を伝えたい、という思いがあります。
幸い、蔵元さん方とも少しずつお知り合いになれてきて
お話も伺いやすくなりました。

県外のお酒も興味津々ですが、まずは純米酒王国である我が宮城県のお酒をしっかり勉強したい(というか飲みたい?・笑)と思ってます。
「ナマイキなこと書いてる」と思われる方もいるかもしれないけど(大汗)、日本酒好きを1人でも2人でも増やしたいという、ただそれだけの気持ちで書いてますので、どうか温かい目で読んでやってくださいね~。
コメント、トラックバックも大歓迎です。
こんな私です。どうぞよろしくお願いします。

最近のトラックバック