2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

酒の会(宮城県)

「穣りの宴 2103!」その3

「穣りの宴 2013」 その1、その2からの続きです。

その1、その2がまだの方は
まずはこちらからお読みくださいね。

穣りの宴 2013! その1
http://sendaiyokocyo.cocolog-nifty.com/sakenihon/2013/11/post-69f4.html

穣りの宴 2013! その2
http://sendaiyokocyo.cocolog-nifty.com/sakenihon/2013/11/post-8f3d.html

さて、穣りの宴もそろそろ終了時間が近づいてまいりました。

なんせ、7時開演でだいたい9時過ぎ終了。約2時間で22蔵。
勝山館のおいしいお料理も食べながらなので、急ぎましょう。

Pb010991

川敬商店からは、川名社長と、ご令嬢の由倫さま。
先日は河北新報にも取材記事が掲載されておりました。
きょうもポーズがかわいく決まってますね♪
美人なうえにフットワークが良く人気者の由倫さんに
お父様もさぞや鼻が高いでしょう!
橘屋純米吟醸、さすがのおいしさでした。

Pb010993_9

阿部勘酒造店からは3人でご来場!
左から平塚杜氏、阿部専務、営業の菅井さん。
平塚杜氏が法被の中に来てらっしゃるのは
楽天の優勝記念Tシャツ! 楽天の大ファンなんですってー!
日本シリーズ優勝で喜んでいらっしゃることでしょう。
阿部勘 純米吟醸亀の尾が飲みごたえありました!

Pb010994_2

新澤醸造店からは4名で来てくださってました。
新澤社長と杉原さんのお2人は、
このブログで穣りの宴の写真を撮り始めたころと比べると
かなり風格が出てこられましたな^^

http://sendaiyokocyo.cocolog-nifty.com/sakenihon/2008/11/post-42aa.html

新酒のあたごのまつ限定純米吟醸おりがらみ本生、
県内でもっとも早い新米新酒、サイコーにおいしかったです!

Pb010995

石越醸造からは菅原さん。
今年の純米酒BARに来てくださってからのご縁です。
その節はありがとうございました!
なかなか今まで飲む機会が少なかったのですが
これから見かけたらぜひ飲んでいこうと思います。
純米大吟醸きらめきのしずくが、上品でおいしかったです。

Pb010996

大沼酒造店からは久我さんがお1品でお酒注いだり燗をつけたりで大奮闘。
大人気で次から次へとお客様が。。。そして若い女性が多かったような(^^;
もうすっかり宮城の蔵元の顔のお1人ですね!
乾坤一の愛国、「野趣あふれる」味わいでおいしかったです!

Pb010998

司会は一ノ蔵の山田さん。
ちょっと目をつぶり気味でごめんなさい。
でも目をつぶっていてもお美しい!
純米酒BARでも毎年バックアップしていただきありがとうございます!
いつまでも宮城の日本酒女子の憧れの存在でいてくださいね♪

…というわけで、22蔵のうちなんとか16蔵をまわれたところで
タイムオーバーとなりました。

立冬を過ぎ、ぐっと朝夕の冷え込みが厳しくなってくる時期
いよいよ各蔵元さん酒造りが始まりますね。
酵母や麹菌たち、生き物相手のお仕事、
なかなか思うような休みがとれない日が続くのでしょうが
どうぞお体に気をつけて過ごされますように…と思います。
そして、皆さんが思う通りの酒造りができますように!

各蔵元の皆様、そして宮城県酒造組合の皆様
今年もたいへん楽しませていただきました。
どうもありがとうございました!!!

「穣りの宴 2013!」その2

2013年「穣りの宴」その2です。

その1がまだの方!
その1からお読みくださいね!
   ↓
http://sendaiyokocyo.cocolog-nifty.com/sakenihon/2013/11/post-69f4.html

さて、平井社長のすてきなスマイルのお次は
こちらのお方のスマイルもどうぞ。

Pb010985

「栗駒山」の千田酒造から千田社長。
からっとして気取らず気さく、そしてちょっぴりひょうきんなお人柄、
すてきなんですよ~!
栗駒山山田錦純米大吟醸をいただきました♪

Pb010986

お若いお2人は蔵王酒造の大滝さん(左)と
…すみません! 右の蔵人さんのお名前伺うの忘れました!
「今年はあえて仕込み量を減らして、フレッシュなお酒を
切らさず提供できるような体制にします」(大滝さん談)
蔵王純米吟醸50%原酒をいただきましたが、
これがまた美味しかった! 
蔵王さんは、ここ数年めきめき酒質が上がってきてるなあと思います。

Pb010987

「グ~!」のポーズは「綿屋」の金の井酒造さん。
関東さん、大内さん、(左の方の名前、またも分からず、すみません!)
9月の鳴子温泉ではお世話になりました!
綿屋特別純米の美山錦と、純米大吟醸美山錦中採り原酒。
飲み比べさせていただきました。
純大吟がまろやかで好きでした!

Pb010988

「真鶴」の田中酒造店から高橋さん。
きょうは額に文字は書いてないようです。。。(笑)
この純米大吟醸がすばらしくまろやかでおいしかったです!

Pb010989

あら。山和酒造店の伊藤さん、立ったまま寝ちゃだめですよ。
起きて、起きてください!(ゆさゆさ)

…じゃなくて!
すみません伊藤さん!!!
目をつぶった写真しかありませんでした!
わしが國ひやおろしと、山和純米大吟醸をいただきました。
ひやおろし、おいしかったな^^ ここにはなかったけど
燗純米をお店で飲んだとき、とてもよかったです。

今回珍しく、その3まで引っ張ります。。。

「穣りの宴 2013!」その1

皆さん、こんにちは。

ログインがあまりに久しぶり過ぎて

IDとパスワードを忘れ、四苦八苦しました。。。

ショボン(´・ω・`)…。

…気を取り直していきましょう!

そんなお久しぶりの更新はというと、

年に一度の宮城の酒のお祭り…そう、

「穣りの宴」

でございます!

なんと、今年は500人以上の方の参加があったそうで

勝山館のいつもの宴会場がそれはもうギュウギュウ!

押すな押すなの大にぎわい!

素晴らしい!

まずは蔵元さんが壇上に勢ぞろいして、

酒造組合の櫻井会長よりごあいさつ。

Pb010978

「宮城県の蔵元がいい酒を造る理由には

『情報交換』があると思う。蔵元同士がこんなに和やかに

チームワークよくやっている県はほかにない。

チームワークが宮城県のお酒の良さを作っている」

…と、こんな感じのお話をなさってました。

うんうんと、赤べこのように首をふる私でした。

Img57361897

そして、わたくし今年も蔵元の皆さんの写真撮影に走りました。

どなたからも頼まれてはおりませんが、

2008年から撮り続けているので

もう… 撮らずにはいられません!

もはや私のライフワークとなっているので、

勝手に走り回り、勝手に撮ってます。

10年後、一人で眺めてにやにやするためです。

今年はこちらの蔵元さんからです!

Pb010979

佐浦さんの営業、マダムキラーの中村さん!
楽天イーグルスのボトルを手ににっこり。
山田錦純米大吟醸でこの日乾杯させていただきました!

Pb010980

萩野酒造の純米王子こと佐藤曜平さん。
造りがオフの間も国内外飛び回って、ほんとにお忙しそうでした。
純米大吟醸の試験醸造酒がシュワッと甘酸っぱくておいしかったです!

Pb010981

お2人では久しぶりな気がする、寒梅酒造の岩崎健哉さん、真奈さん。
真奈さん、まもなく3番目のお子さんが。。。楽しみですねえ!
宮寒梅純米吟醸45%無加圧中汲み生が、素晴らしかった!

Pb010984

平孝酒造の平井社長! ナイススマイル!
去年は後のほうに来たらこの短稈渡船が無くなってたので
今年は早めに来ていただくことができました! うまかった!

その2へ続きます。。。

2013年も宮城の日本酒とともに。

あけましておめでとうございます!

ほぼ日本酒のことしか書かない上に、
月1回くらいしか更新しない。

そんなトホホ~な当ブログを本年も何とぞよろしくお願いいたします。smile

さて、年末からいろいろとありました。

まず11月17日は「雄町の会」。
宮城のお酒で「雄町」という酒米を使って醸したお酒だけを集め
みんなで飲み比べちゃおう! というステキな会。
会場はおなじみの「すずりき」さんです。wink

この「雄町」って、なぜかファンが多い酒米なんですよね。
私の周りにも、雄町と聞くと、キラリーン!shineeye と反応する方々が数名。
蔵元さんとしては、溶けやすくて旨みが出やすく
けっして造りやすい米ではないそうなんですが…。
のん兵衛の皆様曰く

「寝かせると化ける」cat

んだそうでして、そのポテンシャルに魅力を感じている方々が多いようです。

…と、他人ごとのように書いてますが、
私も雄町…嫌いじゃないです。
ていうか、好きですheart01

さて、ラインナップはこのような感じでした。

Pb180227

・橘屋 特別純米雄町 60%
・乾坤一 純米吟醸雄町 50%
・日輪田 山廃純米雄町無加圧中取り原酒 65%
・日輪田 純米吟醸雄町原酒 50%
・伯楽星 特撰純米吟醸雄町 50%
・伯楽星 純米大吟醸雄町 40%
・乾坤一 純米大吟醸中取り雄町 40%

ビッグなゲストも来てくださいましたnote

Pb180234

今回のラインナップの中では、橘屋を醸している
川敬商店さんの蔵元さん、川名由倫(かわな・ゆり)さん。
モデルみたいにすらりと背が高い美人さんです。heart01

稔りの宴などでは、数年前から時々お見かけしてましたが
今期より、いよいよ本格的に蔵に入られたとのこと。
またまた宮城酒造界のホープが誕生です。頼もしいですね!!!
ちゃんとお話したのは初めてでしたが、
飾らない雰囲気で、参加者の皆さんの酒話に
一生懸命耳を傾けていらして、
蔵の一員として、これから酒造り、がんばろう、って気持ちが
とても前に出てらっしゃるように感じました
ちなみに由倫さんのブログはこちら。
             ↓
「黄金澤」醸造元・お酒造り初心者マークの蔵娘ブログ


そして、なぜかこの会の主催が、
酒友のさぶちゃんと、私になってましてsweat01

Pb180232

乾杯とかするはめになっちゃったりして…coldsweats01
主催っていっても、参加者のお声掛けしただけなんです(私は)。

もちろん、影の主宰はこの写真に写っている、この方ですよ。catface

Pb180244

そう、由倫さんの隣で満面の笑顔を浮かべる
阿部酒店の阿部さんで~す。

去年の秋は、今まで毎年開催されていた
「遊盃の会」が開かれなかったので、
「いつも遊盃の会に参加してくださっている方々に
何か、楽しんでいただく機会を作りたい」
と、阿部さんの気持ちが、まずあっての会でした。

宮城の蔵の雄町のお酒をこれだけ飲み比べるという機会は
今までなかったので、ホント、面白かったです!happy02
そしてひと口に「雄町」といっても、
蔵元によってそれぞれの個性が出るということ。
飲むタイミングでもまた味が変わるということ。
それがよく分かり、
日本酒の楽しさ、面白さ、奥深さを再認識しました。flair

最後には、新澤醸造店さんのご提供により、
(新澤さん、どうもありがとうございました!lovely
前掛けや、Tシャツや、伯楽星雄町が当たる
王様ジャンケンなどもやって、大盛況でした。

今年も11月の第3土曜は「雄町の会」開催が
決定しております。
smile

ご興味がありましたら、ぜひ、ご参加くださいませ。
今度は、私もちゃんと「主催」者として役立つようがんばりますので(笑)。

さらにその2週間後の12月8日には、
同じ場所(すずりきさん)で、

「第49回 お酒を楽しむ会~お世話になった皆さんと忘年会~」

と題して、阿部酒店忘年会が、ありました。

この時は、あれをいただいちゃいましたよあれを!

Pc080246

ん? よく見えませんか?
では向かって右手より、アップでお送りしましょう。catface

Pc080247

まず、こう来て…

Pc080248

そんでもって、こう来て…

Pc080249

こう! ババン!happy02
このいちばん左側の白い箱!

1.白露垂珠純米大吟醸生 出羽燦々 33% 23BY
2.黄金澤大吟醸斗瓶取おりがらみ 山田錦 40% 23BY
3.墨廼江純米大吟醸「谷風」 蔵の華 40% 11BY
4.宮寒梅大吟醸 山田錦 40% 21BY
5.萩の鶴大吟醸古酒 山田錦 40% 16BY
6.萩の鶴亀岡35号無加圧直汲み 美山錦 50% 23BY
7.萩の鶴亀岡36号無加圧直汲み 美山錦 50% 23BY
8.乾坤一大吟醸斗瓶取 山田錦 40% 23BY
9.萩の鶴大吟醸斗瓶取 山田錦 40% 23BY
10.山和純米大吟醸 山田錦 40% 23BY
11.日高見 東条山田錦純米大吟醸中取り 東条山田錦 40% 23BY
12.残響 蔵の華 9% 23BY

最後12番目のお酒、「残響」は、伯楽星の新澤醸造店さんのお酒。
今期で4度めの造りになりますね。
9%まで磨いて細かいまっ白な砂粒のようになったお米で造る、
究極の純米大吟醸。約300時間位かけて精米するそうです。
蔵の華で造るのも、ほかの米だとその精米に耐えきれずに割れてしまうから。

ありがたいことに、今のところ毎年少しずつでも飲む機会に恵まれてきましたが
私としては、今年の残響がいちばん美味しかった気がしました。
残響のきれいな透明感は保ちつつ、
新澤醸造店の日本酒としての存在感もきちんと主張している。。。という感じ。
えっと、誤解を恐れずにいえば、
「ローマの休日」のころのオードリー・ヘプバーンが
新澤醸造店の黒Tシャツを着てる、
みたいな。

Audreyprin

…。

なんか、分かりませんね。

とにかく、気品もあって、でもキャラクターもちゃんとあって。

残響のことはこれくらいにしておこうかな。
これから飲む方もいらっしゃるでしょうしね。

年末の阿部さんの忘年会は、
すべて大吟醸または純米大吟醸がずらり、

というのがこの会のならわし(?)。
今回ももう飲めないお酒とか、
自分では買えないであろうお酒ばっかりでした。

宮寒梅さんの大吟醸は、全量純米蔵となった今では、もう幻だし、
萩の鶴さんの古酒は、曜平さんが卒業後蔵に戻って最初に金賞を取ったお酒。
墨廼江さんにいたっては、12年前のお酒ですよ?!
これが、また今蔵から出てきたみたいにきれいなお酒でびっくり。。。
蔵の華という酒米が誕生して、すぐくらいのころに造られたお酒のはずです。
技術の高さを感じるとともに、蔵の華の可能性も感じたなあ。。。

日高見さん東条山田錦のお酒というのは、
ワインでいうならロマネコンティ的な(限られた畑のブドウという意味で)
特別な高品質山田錦で作ったお酒。
これもすばらしいお酒でした!lovely
瓶がまたすてき。高級シャンパーニュみたいな瓶。Pc080253

平井社長の粋が感じられますね!scissors

すずりきさんのお料理も、またさすがのおいしさ!!!lovely

Pc080250

Pc080251

Pc080252

そんなこんなで幸せな忘年会でした。

そして2013年も、宮城のお酒とともに、あけました。

Dsc_0030

今年の目標

せめて月2回はブログアップすること。。。
coldsweats01

…ま、まあ、気持ちだけはそんなところです!

本年も、当ブログと宮城のお酒を、

なにとぞよろしくお願いいたします!!!fujismile

「穣りの宴 2012!」

今年も行ってまいりました。smile

宮城県の日本酒好きたちが待ちに待った宴へ。。。

「みやぎ純米酒倶楽部 穣りの宴」!!!

毎年毎年、この日が来るのを指折り数えて待っております。
開催日当日なんて、仕事をしながらも
午後あたりからは顔がナチュラルににやけてきて
アヤシイ人になってましたcoldsweats01

Pb020201

最初の櫻井会長のごあいさつでは、

「震災支援をきっかけに宮城の日本酒を飲んでくださった
全国の方々から『日本酒とはこんなにおいしかったのか』
という声が寄せられている。震災を乗り越えて
蔵元たちが研鑽をしてきた証と自負している」

という内容のお話がありました。
日本酒に目覚めた方々のきっかけの多くが
我が宮城の日本酒だなんてうれしいことです!happy02

そしてこの日の司会は
日本酒女子たちのあこがれのお方、一ノ蔵の山田さんheart01

Pb020209

相変わらずお美しくてらっしゃる。。。
年末女子会、やりましょうね!

さて、ここから周っていきますよー!
私の老後の楽しみ、穣りの宴における蔵元さん撮影会!
今年で5回目になりました。

2008年はこちら 2009年はこちら
2010年はこちら 2011年はこちら

あと20年くらいしたら、寒梅酒造さんの息子さんたちとか来てて
「あたしゃ、あんたのお父さんとお母さんの若いころから知っとるよ!」
とか言って絡む婆さんになってるかもなあ。。。
と妄想。

まずは新澤醸造店さん!

Pb020200

川崎蔵の造りも2シーズン目。
目指すお酒を思い通りに造れるようになって
味の透明度が以前に増して高くなったように感じます。
それでも
「他の蔵もどんどん設備関係がよくなっているから気は抜けない。
頭一つ抜けるには、もっとがんばらないとダメなんです」
と新澤さん。
相変わらず自分に厳しいわあ。。。coldsweats02
でも、その姿勢に引っ張られてきたことが
宮城の蔵全体がレベルアップしたことの
理由のひとつなんじゃないかなと、私は感じてます。
「伯楽星 特撰純米吟醸 雄町」
クリアなおいしさでした!

Pb020211

大沼酒造店 久我さん。
来るお客さん来るお客さんに、
隣の大沼社長に負けないくらい熱心にお酒の説明をしながら
愛国と、ササシグレに、せっせと燗をつけてくださってました。happy01
(余談ですが、最近大沼社長と雰囲気が似ていらしたような。。。)
純米愛国、しばらく置いて熟成を楽しんでみますね!

Pb020212

萩野酒造の曜平さんです。
萩野酒造さんは今年蔵が新しくなったんですよね~。
どの部分がどんな風になったのか、
それがどんな具合に酒に出てくるのか楽しみnote
「萩の鶴 純米大吟醸」、濃さと軽やかさとのバランスが良くて
おいしかったです!

Pb020215

寒梅酒造の岩崎健哉さん、真奈さん!
このお2人、最近いい具合に肩の力が抜けてきたな、と思うのは
私だけでしょうか?(笑)
少し前に発売になった「三米八旨(さんまいはっし)」、
すごく好評みたいですね!happy02
名前のごとくお米の旨みが広がる味でした。
ラベルも素敵です!

Pb020216

金の井酒造の関東さんです。
三浦社長もいらしてましたが、ここは関東さんです。smile
いいんです。
私の趣味の問題です。
純米酒バーにご来店、ありがとうございました!
「綿屋 特別純米 ひとめぼれ」がおいしかったなあ。。。

Pb020217

おっと! このブログ初登場のお方です。
蔵王酒造の大滝さん。
蔵王酒造さんは昨年から杜氏さんが変わられたそうです。
知らなかった。。。山形から来た杜氏さんだそう。
「貯蔵にも力を入れてます」とのこと。
確かに、ちょっと印象が変わりました!(もちろんいい方に!)
これから要チェックの蔵元さん! wink
蔵にも見学に伺いたいです。

Pb020218

千田酒造の千田社長でーす♪happy01
8月にお会いしたときに、少しスリムになられた気がしたのでそう言ったら
マラソンを始めたとおっしゃってました。
その後続けてらっしゃるんでしょうか?
リストに載ってない特別の「栗駒山 蔵の華純米大吟醸」が
何とも言えないおいしさでした!

Pb020219

山和酒造店の伊藤さん。
私が周っていった時には、
もう山和の純米吟醸、純米大吟醸が売り切れでしたweep
でもでも、私は山和は特純が好きなので
特純をおいしくいただきましたよ(けっして負け惜しみではありません)。
今年は久しぶりに山和さんに蔵見学に行きたいと思っております。
よろしくお願いします!

Pb020221_2

相変わらずキラースマイル!shine
平孝酒造の平井社長です。
山田錦の両親シリーズ、山田穂と短かん渡船を手に。
この2つのお酒のラベルがどうしてピンクなのかを伺ってみました。
「もう我々は震災から立ち直っている、大丈夫、というメッセージを
支援してくださった方々に伝えるために」
とおっしゃってました。
平井社長のカメラ目線じゃない渋かっこいい写真を特別にもう1ショット!

Pb020220_2

いやー、かっこいいッスねえ。。。lovely

Pb020222

さてこちらも石巻の渋カッコイイお方wink
墨廼江酒造の蔵人の高橋さんです。
谷風をいただきました。(←美味かった!)、
(私が飲んでいる間にも「これ珍しいね」と飲みにいらっしゃる方々多数!)
そういえば、今年は米がなかなか手に入りにくいとおっしゃってました。
夏前からそういった噂も聞いてましたが
まだまだ震災の影響はそういうところにあるようですね。。。

Pb020224

(株)佐浦の中村さん。
うらかすみ塾生としては、やはり禅を飲まなければ。flair
私の純米吟醸酒との出合いのお酒がこの「禅」でした。
当時の日本酒通のおじさまから、
「すっごくうまい日本酒を飲ませたる」といって
飲ませていただいたのが禅でした。
今飲んでもやっぱりうまいです。

Pb020226

阿部勘酒造店から、阿部さん。
(そしてなぜか綿屋さんの方が後ろに…笑)
(お名前存じ上げずにすみません)。
もう造りが始まっており、平塚杜氏は神経集中してらっしゃるとか。coldsweats02
今年もきっといいお酒ができるでしょうね。
阿部勘 純米吟醸 蔵の華、旨みもあって、キリッとして、
おいしゅうございました!

全部の蔵元さんを周れなくて残念でしたが、
約2時間、めいっぱい楽しませていただきました。
もう造りに入ってる蔵元さんも多くて、
忙しいなかなのに、本当にありがたいと思います。
今年もどうぞ体調に気をつけられて
皆さんご無事で酒造りに励まれますように!happy02

酒造組合の皆様にも、たいへんお世話になりました。
どうもありがとうございました!

(しかし、穣りの宴の時は、完全に私の趣味のアルバムになってますな)

阿部酒店 第48回お酒を楽しむ会 きき酒宴会!

こんにちは。

近ごろ、更新が月1ペースになりつつあります。

酒は毎日飲んでます。

つまり一日一献を間違いなく実践しているのですが。。。

こんなブログを見ている方がいらっしゃるのかどうか
はなはだ疑問ではありますが、

人の見てないところでもコツコツやる、
そんな人間こそがまっとうなのである!


という言い訳信念のもと、(この際、自分のサボり具合は棚の上)

牛歩のようなペースでやっていこうと思います。

えー前置きが長くなりました。coldsweats01

2週間前の10月6日(土)になります。
いつもお世話になっている

阿部酒店さん第48回酒の会に参加してまいりました!

今回はなんと…

「きき酒宴会」!

なんじゃそりゃsign02という方のために、

説明しよう!

阿部酒店の常連客・Eさんが
宮城県のきき酒選手権で第2位に輝き、
10月19日(金)の全国大会に出場することになった。
そんじゃ、きき酒練習を兼ねた宴会を開こうではないの!
という、阿部さんはじめ、飲兵衛のお仲間方の
応援の気持が込められた、
温かくもプレッシャーな酒の会、なのであ~る。

しかも、今回、会場がいつもと違いました!

Dscf2781

きき酒の極意を新澤社長に聞いているEさん。
この2人の後ろに広がるのは…

そう、100万ドルの仙台の夜景。。。shine

ここはライオンズタワー仙台広瀬30階のスカイラウンジ!

あのマンションは、出来たときから1回行ってみたいと思ってたんですよ~!
今回初めて足を踏み入れましたが、そのあまりの豪華さに
ドラえもんに未来に連れて来てもらったのかと思っちゃいました。

T幹事長はじめ、常連の皆さま方の中にこの豪華なマンションに
お住まいの方々がいらっしゃるので、ここが使えたそうです。
ありがとうごぜえますだ! 

(あ、ちなみに今回の写真は
ほぼT幹事長が撮られたものを使わせていただきました。
飲食ときき酒に鬼のように集中していた私は
あんまり写真撮ってなかったもんで。テヘペロ!bleah
Tさん、ありがとうごぜえますだー!)

あー、なんか長くなっちゃいましたね。

まだ会の始まりにたどりついてません。

今回、最初にきき酒が2パターン用意されてました。

①きき酒選手権と同じ「嗜好順位法」という方式で7種類、

②銘柄が隠された6種類のお酒を飲んで自分で値付けをする。

①はともかくとして、②はけっこう迷ったー!sweat01

Dscf2782

②のほう、1番のお酒だけは銘柄をオープンにしてあって
(「黄金澤大吟醸 杜氏五代」)、それを基準にするようになってました。
なんとなくみんな大吟醸なのかな、とは思ったんだけど。。。
(そのことについては正解でした)
いやー難しかったです!coldsweats01

でも! 一つだけ、声を大にして言いたいのは

①でも②でも伯楽星だけは分かったぞ!happy02

家でも外でも飲んでるだけあるな! 
だてに伯楽星ばっかり飲んでないな私!
heart01
(でもあとで聞いたら、けっこう分かった人が多かったみたいですね。。。)

確かに難しかったけれど、みんなでわいわいと
「あれとこれが同じじゃない?」
「これは、きっとあのお酒だよ!」
などと話をしながらきき酒するのは、
とーーーっても楽しかったです!
またやってほしい~です!

さてきき酒のあとは、もちろん宴会ですよん!

Img_5585

食事はもちろんすずりきさんのおいしい酒肴弁当heart04lovely
はらこ飯、ばんざーい!

今回、3人の蔵元さんがゲストでいらっしゃいました。

Img_5577

左から、

新澤醸造店の新澤社長、寒梅酒造の岩崎社長、川敬商店の川名社長。

なかなか“レア”なお顔ぶれですよね?

特に、岩崎社長とは、お酒の会でご一緒したことは初めて。shine

Dscf2806

岩崎社長のお隣でご満悦~noteのYちゃんと私。
あー、酔っ払ってますな。。。sweat02

Img_5582

きき酒全国大会に出場するEさんの紹介&激励とか…

Img_5589

川名社長からの「きき酒の極意」についてのお話なんぞもあったりして…

Dscf2885

最後は恒例の記念写真!smile
(最後列の2人、何やっとるんですか?coldsweats01
そんなこんなでいつもの通り、にぎやかにおひらきとなったわけです。

コツコツと舌を磨いて、来年こそは私も予選通過をするぜ!
…と、固く心に誓った、きき酒宴会でありました!
(目標設定が低いぜ!)

阿部さん、蔵元のお三方、そして同席くださった皆さま、
お世話になりました。
どうもありがとうございました(*^-^)

阿部酒店 お酒を楽しむ会 2012夏

世間はお盆休みです。
フリーライターにお盆休みはありません。。。coldsweats01

公私共にバタバタとしており、ブログ放置してました。
すみません!sweat01

もう1カ月近く経ってしまったわけですが、
7月21日(土)は、毎夏恒例
「阿部酒店 お酒を楽しむ会
~蔵のみんなと力合わせて!!~」

参加してきました!

会場はいつもの上川内町内会館。
到着したら、見知った顔ぶれが早くも試飲中!(笑)
お料理は「すずりき」さんのおいしい酒肴弁当です♪

P7211387

そして、お酒はこちら!

1.伯楽星 純米吟醸(7月ロット) 蔵の華55 23BY
2.乾坤一 純米うすにごり生  ささにしき60 23BY
3.田林 山廃純米うすにごり生   蔵の華60 23BY
4.萩の鶴「亀岡」36号純吟生    美山錦50 23BY
5.宮寒梅 純米大吟醸       蔵の華40 23BY
6.山和 純米大吟醸        山田錦40 23BY
7.伯楽星 純米大吟醸        雄町40 23BY
8.乾坤一 純米大吟醸中取り     雄町40 23BY
9.乾坤一 純米大吟醸中取り     雄町40 22BY
10.宮寒梅 純米大吟醸       ひより40 22BY
11.日高見 純米吟醸天竺       愛山50 22BY
12.山和  純米吟醸        美山錦50 22BY
13.山和  純米吟醸ひやおろし   美山錦50 22BY
14.伯楽星 純米吟醸(三本木蔵)   雄町50 21BY
15.田林 純米生もと        蔵の華60 20BY
16.萩の鶴「亀岡」純米吟醸     美山錦50 12BY
17.乾坤一 大吟醸斗瓶取り     山田錦40 21BY
18.日高見 大吟醸金賞酒      山田錦40 23BY
19.萩の鶴 大吟醸斗瓶取り     山田錦40 23BY
20.瞑想水 大吟醸金賞酒      山田錦40 23BY

…いつもながら、すごいラインナップでございました。coldsweats01
今まさに販売中のものあり、
阿部酒店熟成のものあり。
過去、販売されても、数が少なくて(またはお高くて)smile
指をくわえて眺めていただけのものあり。

マニアックな飲み比べをしようと思えば
いくらでもできそうな感じです。secret
(伯楽星の旧蔵と新蔵、とか、乾坤一のBY違いとか
宮寒梅の純大吟米違いとか、大吟醸蔵違いとか…)

しかしまあ、20種類ですから、
いい気になって飲んでいたら撃沈間違いなし。
なので、ほんのちょっとずついただきました!wink

蔵元さんたちも、いつものように私服で紛れ込んでおります!

P7211389

だれが蔵元さんでだれが普通の参加者?!

探してみよう!(爆)

P7211391

P7211392

震災直後とも言えた昨夏の会は、
なにか、気持ちがざわざわとしていて、
蔵元さんたちにも緊張感のようなものが漂っていましたがthink
今年は、多くの蔵で建て直しが進み、
昨シーズンの酒造りも順調だったこともあり、
リラックスして前向きになられてる感じがしましたねー。up
P7211378_2 P7211379 P7211380

P7211381_2 P7211382 P7211383

P7211386

(あっ、宮寒梅の健哉さんの写真がない! す、すみません!)
宮城の酒のおいしさを、全国に知ってもらえた昨年。
これからが力の入れどころですもんね。happy02

そして、こちらが阿部酒店Tシャツ!
(モデルは阿部さん&Aちゃん&Nさんご夫婦)

P7211393

背中にお店の暖簾をデザインした、かっちょいいTシャツですnote
私もイエローをゲット!scissors
阿部さんも、震災で店舗と家の立て直しが済んだばかり。
工事中はいろいろと大変そうでしたが、
ピカピカの店構えになり車もとめやすくなって
そこにまた、この暖簾が映えてます!smile
お店でもまだ販売していると思いますので
気になる方はぜひ!

P7211402_2    

そして、もひとつニュース!
いつもこの会で顔を合わせる方が、
なんと「きき酒選手権 宮城県大会」shine2位shineに入賞し
10月には全国大会出場!!!rock
2位といっても1位と実質同点でしたから、すばらしい!
こうした会で舌を鍛えた結果ですかね~!
(その割には私は全然ダメだったけど…)

全国大会の結果が楽しみ!happy01

話題が盛りだくさんな阿部酒店さんの会ですが
残念な話題も。
毎秋恒例だった「遊盃の会」が今年は開催されないそうです。
私の秋のお楽しみだったのですが…(ショボン)。
でも、阿部さんのことですから、
また新たなイベントを考えていらっしゃるでしょう!

今年は思わず2次会まで行ってしまいました。
P7221405_2  

阿部さん、蔵の皆さん、同席の参加者の皆さん、
お世話になりました! ありがとうございました。

おっと、もうすぐひやおろしの季節ですねえ。。。smile

「宮城の旬クッキング&宮城の日本酒を楽しむ会」

去る5月27日(日)、エルパーク仙台「食のアトリエ」にて
「宮城の旬クッキング&宮城の日本酒を楽しむ会」を開催しました。

北仙台の「真・海・菜・食 しん」の根本真さんと
ライター仲間の関口さんとの3人で始めた

“自分たちで作って楽しく食べて飲もう!
そして、宮城の食材のこともちょっと勉強しましょ”

という会も今回で、な、なーんと3回目!flair

P5271221

1回目は「油麩」、2回目は「仙台味噌」
そして、今回は「銀鮭」をテーマにしました。shine
初・生モノ(笑)。

P5271223

(しんさん、調理デモンストレーション中!)

銀鮭は宮城県の養殖が全国の生産量の約90%を占めているんです。
東日本大震災で壊滅的な被害を受けましたが
関係者の方々のたいへんな御苦労があってこの4月末に
初水揚げがあったばかりでした。
そして、これから夏にかけてが旬!happy02note
これを機に、ご参加くださった皆様に銀鮭を食べる機会を作ってもらい
消費量を増やす一助になればなあと思いました。

P5271227

皆さん、楽しく調理してくださってましたよー!

P5271228

手際もばっちり! カメラ目線の余裕もばっちり!smile

P5271230

おきもので参加してくださった方々も。lovely


今回皆さまに作っていただいたお料理は…

P5271224

「銀鮭のオイル煮 酒粕クリームソース~初夏の彩り野菜添え~」heart01

それと…
P5271226

「冷製トマトとかぶのミルフィーユ 味噌クリーム」shine

皆さん、ほんとに手際良くてあっという間に出来上がりましたよ!

前2回でリクエストの多かった酒粕、米粉も使って。
(あ! 酒粕、米粉は新澤醸造店さんのものを
使わせていただきました)。

銀鮭、生臭みもほとんどなく脂ものってて柔らかい!happy01
トレーサビリティーがしっかりした養殖なので
お造りでも安心して食べられます。
その上、旬の時期はお値段も比較的お手ごろ。
もっともっと食卓に上る機会を増やしたい食材です。sun

そのほか、しんさんが作ってくれた
銀ざけのお造りや、酒粕入りのあら汁なども…あっ、写真がない!(汗)

そして、お酒はこちら。wink

P5271220

宮寒梅 純米吟醸 美山錦
墨廼江 純米吟醸 雄町
日高見 純米吟醸 山田錦
伯楽星 純米吟醸 蔵の華


震災後に何らかの形で蔵の方と直接お話して
被害の様子を聞いた蔵元さんのお酒を
すべて純米吟醸でそろえて米違いで用意しました。

蔵元さんの被災時やその後の様子も少しお話したのですが
食べながらだったので、がやがやしたまま終わってしまいました。
しっかり聞いていただく時間を別にとればよかったか、
と、これは反省点。
3回目で段取りは今まででいちばんよかったですが、
まだまだ難しいですねーsweat01

また、なにか計画ができれば、と思います。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

日高見新酒披露宴2012

4月1日(日)、「日高見新酒披露宴」へ!

毎年この時期に開かれている会なのですが、
昨年は、東日本大震災の影響で中止。
2年ぶりということで、とっっっても楽しみにしていた会です。
今年もいつもお世話になっている
川内亀岡の阿部酒店さんで申し込みました。happy01

仙台と石巻を結ぶ仙石線がまだ全線復旧しておらず、
仙台駅から貸し切りバスで石巻へ。
会場の石巻グランドホテルへ着くと、まずはこの光景。

P4011011

全部で22本の日高見がタンク別にきき酒できるのです~♪

P4011013

こんなのや…heart01

P4011015

こんなのや…shine

P4011014

こんなのをnote

次々きき酒していくわけです。 happy02
この3つめの雄町、おいしかったです!

きき酒終了後は、ホテルの大広間で宴会です。

P4011020

この会は、毎回酒肴弁当なのですよね!
今年はできるだけ地元の食材を使ったものにしたそうで
どれもお酒に合っておいしかったです。 happy01

P4011030

そのほか、笹かまぼこ3社(白謙、粟野、高重)の食べ比べ
酒米のおむすび食べ比べ(山田錦と亀の尾)なんてのもあって
最後に日高見の酒粕を使った「鮭の粕汁」が出てくるのは恒例!up
楽しくおいしくいただきました!
私の隣には関東からのお客様もいらしたのですが
「笹かまって、会社によってこんなに味が違うんですね!面白い
感動なさってました。

平井社長からのご挨拶は、やはり昨年3月の大震災と、
そこからの復興についてのお話が多かったです。think

蔵はまだ修理が終わってない部分もあるとのこと。
造りが終わり次第、修理再開し、
また来期の造り直前の9月ごろまでかかるとか。wobbly
でも、今期の造りでは麹室、酒母室が新しくなり
上槽の機械が入る部屋は冷蔵管理ができるようになり
冷蔵庫はフォークリフトが入れるようになるなど
設備はかなり進化したそう。

震災後に平井社長からお話を伺った際、

「全国から励ましのメッセージや支援物資をいただいて、
これを何でお返ししていったらいいか、と思い続けて
復興酒「感謝の手紙」などで思いを伝えてきたが
これからは、さらにもっともっといいものを造らないと…。
酒造りを通してお返ししていかないとバチが当たる」


ということをおっしゃってました。

この日のごあいさつの中でも

「震災前以上のレベルのお酒ができなくては
皆さまへのお返しにならない」


という言葉があって、蔵元としての強い決意を感じました。weep

それから、今期でついに吉田杜氏が引退されるとのこと。

P4011024

あまり直接にお話をしたことはなかったのですが
こうして皆さんの前でお話されるときの柔らかい南部なまりの口調と、
生真面目さが伝わってくるお人柄というか佇まいに惹かれていたので
かなり寂しい気持ちになりました。crying

今後、蔵を引っ張っていかれるのは
小鹿さん、奥原さんを筆頭にこちらの皆様。shine

P4011025

また、今期から被災した2人の石巻の方が蔵人に加わったそうです。
地元の企業として石巻の復興に貢献していこうという気概が伝わってきました。

その模様を、最初から最後まで舞台の裾でじっと見ていらした平井社長。

P4011028

この姿に、私はなにか心を打たれて
思わず写真を撮りました。

同じ舞台に上がったって誰も不思議には思わないのに…。
「うちの蔵、うちの酒を支えてくれているのは蔵人たちだから」
という気持が伝わってくるような気がしました。
経営者である一方、蔵の顔、つまり広報としても
常に表に立ち続けている平井社長。
その「男気」が、このシーンから伝わってはこないでしょうか?

間違いなく震災復興の1ページとなった一日。
この場に参加することができてとてもうれしかったです。

平孝酒造の皆様、阿部酒店さん、同席くださった方々
お世話になりました。
どうもありがとうございました!!!happy02

阿部酒店 お酒を楽しむ会 忘年会バージョン!

今年の忘年会のスタートは、
12月3日、阿部酒店さんのお酒を楽しむ会 でした!

おかげさまでここ数年すっかり恒例となっていて
これに参加しないと年末を迎える気がしません(笑)。

阿部さんの忘年会には毎年、蔵元さんからゲストが来られますが
今年の忘年会のゲストはこちら!
Ca3g0078

おなじみ(?)萩野酒造佐藤曜平さんですshine

Pc030633_2Pc030634_2

会場のすずりきさんに到着すると
すでにずらりと並んだお酒の数々…。
11本のうち、8本は萩野酒造のお酒です。shine
しかも大吟醸、純米大吟醸がずらり。。。coldsweats02
毎年ながら、圧倒されます。。。

最初に一通りきき酒の時間が設けられるのですが
この会はツワモノ揃いでみんな短い時間でパッパッパッと飲んでいきます。
私はいまだにパッと印象を捉えられないんですよねー(汗coldsweats01

そんな中、おお! と思ったのは
22BYの萩の鶴 大吟醸斗瓶取 全国金賞、東北優等賞impact
でした。 

それから、
萩の鶴 大吟醸おりがらみ生 山田錦40% 10BY
13年前で、しかも、おりがらみで、しかも生ですよ?
おりも若干色がついてまして、 
冷えたままのを飲んだら「うーん…sweat01」て感じでしたが
これ、燗をつけたら化けました!
びっくりsign03
すごい複雑な味が出た。

あとから出されたお酒がまたプレミアム。
阿部さんの秘蔵酒で
萩の鶴 美山錦 50% 18BY & 19BY
日輪田 雄町 14BY

そして
萩の鶴 おり酒 12BY 

このおり酒が、なんとも言えない味でしたね…。
曜平さんの話では、当時は糖類を添加していたとのことでした。
だから確かに甘いんですけど、
うーん…うまく表現できないですねsweat01
いつか、何かの形でこれを味わったことが
私の中で活かされるといいのですけど。。。coldsweats01

Pc030635

Pc030636

今年の造りは順調に進んでいるとのこと。
宮城の蔵の中では、大きな被害を受けた蔵が多くて
なかなか萩野酒造さんの被害の様子は伝わってきませんが…。

お料理はこんな感じでnote
Pc030641

お造り。
アワビはもちろんおいしかったけど
鯨ベーコンがとろけました…。heart01

Pc030637

Pc030638

Pc030639

すずりきさん名物(?)の
ジューシー! なメンチカツ!!!lovely
これ、大好き!heart01

会の中盤、阿部さんからの提案で
3月11日の震災の時、あなたは何を考えたか?!
1人ずつ話すことになりました。

遠く離れた県外にいて、
地震後の報道をつぶさに見ていた人の話は
印象深かったです。
(あの時は、本当に何が起きているのか
電気が復旧してテレビを見るまでよく分からなかった。
3月11日から12日にかけての一晩を、
私は1人きりで、壊れかけた自宅で過ごしたのですが
ひっきりなしに起きる地響きと余震の恐怖に、
一晩中体がガタガタと震えていたっけ。。。)

あと、家族がどうか、って心配するより前に
その場にいあわせた人たちの安全や誘導に
自然と体が動いた、というのも数人が話してらっしゃいました。

一人ひとりに物語があって、
あの場にいた方たちの話だけでも一冊の本になりそう。

それだけの凄まじい体験を東北の多くの人が共有している。
それは、きっと今後も人と人とを結びつけていきますね。

20111203_syugothumb500x3337943
(集合写真、OさんのHPから拝借しました)

阿部さん、曜平さん、すずりきさん、
そしてご一緒させていただいた皆様
本当に楽しい時間をありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

Pc160689

おまけ。

忘年会の後、しばらくしてから発売された
日輪田の新酒を、また別の忘年会でいただきました。
すばらしい出来栄えでした。
美味しかった!

最近のトラックバック